卵で中性脂肪は上がらない?健康のための適量と食べ方の注意とは?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

完全栄養食と言われるほど栄養バランスが豊富な卵!

卵は中性脂肪を上げると思われがちなんですが、本当のところ中性脂肪と卵の関係はどうなんでしょうか??

コレステロールが多いから卵は1日1個まで、とか、たくさん食べると体に良くないなど、聞いたことはありませんか?

また、
卵を食べると中性脂肪が高くなってしまう、という話を耳にしたことはありませんか?

本当に、中性脂肪が気になる時は、なるべく避けたほうがいい食材なのでしょうか?

卵は栄養がたっぷりで、どんな料理にも合うし万能食材ですよね。

そして、ハンバーグやお菓子やパン、様々な食品に含まれています。

きっと知らず知らずのうちに食している食材であると思います。

今回は気になる中性脂肪と卵の関係について詳しく見ていきます。

卵で中性脂肪は高くなる?

卵を食べると中性脂肪は高くなるのでしょうか?

実際の研究結果では、中性脂肪と卵の関係は示唆されていません。

卵には中性脂肪を増やす糖質がほとんど含まれていないので、中性脂肪や内臓脂肪を増やすことはありません。

むしろ中性脂肪が高い時に控えたい食品は、炭水化物や糖分、脂質です。

しかも卵1個のカロリーは70~80キロカロリー程度で、卵が原因で中性脂肪が増えるとは考えにくいです。

卵にはコリンという物質が含まれていて、中性脂肪の量を調節する働きがあります。

卵はメタボリックシンドロームの予防に最適な食材だといわれています。

では、なぜ、卵を控えたほうがいい、食べ方に注意が必要だといわれるようになるのでしょうか?

Sponsored Links

なぜ、卵の食べ方に注意が必要なの

卵はコレステロールが高くなるの?

理由の一つとして、卵にはコレステロールが多く含まれているからです。

中性脂肪と卵には関係がないのですが、多くの人が「卵を食べると中性脂肪が上がる」と信じてしまっています。

もちろん、卵を食べ過ぎればエネルギーの摂り過ぎで中性脂肪が上がることはあります。

なぜ、このような噂が広まっているのでしょうか?

それは、卵の黄身部分に含まれている豊富なコレステロールのせいだと考えられます。

「コレステロール=中性脂肪」と間違った認識をされていて、コレステロールの豊富な卵は中性脂肪も高いような印象をもたれているのです。

私も「コレステロール=中性脂肪」、避けるべきものと捉えていました。

中性脂肪は体のエネルギーになり、コレステロールは体の細胞や筋肉を作ります。

同じ脂質ですが似ているようで違いますし、それぞれ必要不可欠なものです。

しかし、注意しなければいけないのが、コレステロールが高くなると、中性脂肪が高くなり、中性脂肪を減らすにはコレステロールを下げる必要があります。

すでにコレステロール値が高い人は、体内でコレステロールのバランスを取れないので、コレステロール値が高い卵を控えるように言われることが多いのです。

健康な人がコレステロールを含む食材をそのまま食べても、体の中で同量のコレステロールになるわけではありません。

中性脂肪が高い人の卵の適量は?

中性脂肪を減らすためには、高コレステロール食品を減らす必要があります。

中性脂肪の値が高い人は、食事で摂取するコレステロール量を一日300mg以下にすることを推奨されています。

卵1個の中にコレステロールが約235mg入っています。

鶏卵を使って作られる食品は数多くあります。

マヨネーズや洋菓子、ハンバーグなど、何気なく卵が入った食品を口にしているので、一日に摂取する量が多くなっているかもしれません。

中性脂肪を減らすための食事療法を行うのであれば、卵の摂取量は一日あたり2分の1個までにしたほうが良いですね。

Sponsored Links

健康な人は卵は一日何個まで?

中性脂肪が高い人は、卵は一日に2分の1個が適量ですが、健康な人なら、一日に2~3個食べても問題あいそうです。

卵はコレステロールを多く含んでいても、悪玉コレステロールを作り出すミリスチン酸の含有量が少なく、体の中で悪玉コレステロールにはなりにくいという特徴があります。

また、卵には栄養が豊富で、善玉コレステロールが増えるという研究結果も出ています。

さらに、中性脂肪にも悪影響があると思われがちですが、卵に含まれるオメガ3という物質が中性脂肪を減らす結果が出ています。

健康な人は「卵の食べ過ぎはよくない、一日に1個だけ」という話は当てはまらないといえます。

まとめ

嫌われがちな中性脂肪とコレステロールは、同じ脂質ではなく、それぞれ別の働きがあり体に重要な役割を果たしています。

そして、中性脂肪が高いとコレステロール値も高い、中性脂肪を減らすには、コレステロール値も下げなくてはならない、という密接な関係があります。

健康な人は卵を2~3個食べても問題ありませんが、中性脂肪が高く食事療法をしなければいけない人は、卵の摂取量を一日2分の1個に減らさなければいけません。

青魚や野菜など様々な食材を取り入れて、中性脂肪の値を平均値に戻せるよう食事に気をつけてくださいね。