子どもの成長にビタミンEが必要!あたえる影響や不足時のトラブルは

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

子どもの成長に欠かせない栄養素はいろいろあります。

ビタミンCやビタミンB群はよく聞きますが、ビタミンEも大切です。

ところで聞きなれないビタミンEとは、子供の成長にどのように影響を与えるのでしょうか?

ビタミンEの具体的な働きと、子どもの成長への影響、効率よく摂取するためのポイントをまとめました。

ビタミンEの働き

ビタミンEには、血液や血管の発達を促し、細胞の結びつきを安定させる働きがあります。

脂溶性のビタミンであり、体の不調を予防したり、改善する効果があります。

若返りのビタミンとも呼ばれ、高い抗酸化作用からさび取り効果があると言われています。

子どもだけでなく、大人も取りたいビタミンですね。

子どもの成長にあたえる影響としては

血行促進
抹消血管を拡張して、血行を促進します。血流が良くなり、寒さに負けない体を作ります。
冷え性の人にはいいですね。

アトピー性皮膚炎の改善
活性酸素を除去する働きがあります。アトピー性皮膚炎の症状を改善します。
骨の成長を促し、身長を伸ばす
骨の細胞を活性化させ、ホルモンの分泌を活発にします。
カルシウムと合せて取ることで、身長を伸ばす効果が期待できます。

肌トラブルの改善
抗酸化作用や、血行促進効果により、肌の乾燥によるかゆみの改善が期待できます。
ビタミンCの働きを助ける
風邪や病気の予防に効果のあるビタミンCをサポートします。EとCを一緒に取ることでお互いが効果的に作用します。

ビタミンEが子供を成長させるわけではありません。

しかし子どもの健康を維持するために不可欠な栄養素なのです。

Sponsored Links

ビタミンEが不足したら?

ビタミンEが不足することで、健康トラブルが発生します。

  • 溶血性貧血や歩行困難がおこる
  • 皮膚の乾燥やかゆみなどの肌トラブルがおこる
  • 歯周病や虫歯になりやすくなる
  • 口内炎など皮膚や粘膜の炎症がおこる
  • 免疫機能が低下する

ビタミンEの不足で老化が進むため、動脈硬化などの成人病が起りやすくなると言われています。

ではどれくらいのビタミンEが必要でしょう。

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によれば、年齢別のビタミンE摂取量の目安はこのように書かれています。

1日あたりのビタミンE摂取量の目安
1~2(歳)  3.5mg
3~5(歳)  4.5mg
6~7(歳)  5.0mg
8~11(歳)  5.5mg
12~17(歳)  7.5mg ※女子の場合は、6.0mg

ビタミンEの過剰摂取による障害は少ないそうですが、成人で1日あたり600mg以上摂取すると、肝障害や血液が固まりにくくなることがあるそうです。

1日600mg以上となると、通常の60倍以上。

かなりの量なので、取り過ぎを心配する必要はなさそうです。

他の栄養素と同じように、不足している子どもが多いのが現実です。目安よりも多めにとるくらいの意識でちょうどいいかもしれません。

人間の体は、一番少ない栄養素に支配されています。

他の栄養素がバランスよくとれていても、ビタミンEが少ないと、それだけの栄養しか体内に吸収されません。

いろいろな栄養素をバランスよく取ることが大切です。

ビタミンEを多く含む食品

ではビタミンEはどの食材に多く含まれているのでしょうか?

  • かぼちゃ
  • パプリカ
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • モロヘイヤ
  • アボカド
  • アスパラガス
  • ナッツ類(アーモンド、ピーナッツなど)
  • いくら
  • たらこ
  • うなぎ
  • 抹茶
  • 油脂類(コーン油・なたね油・オリーブオイル)
に多く含まれています。

Sponsored Links

まとめ

野菜が多いので苦手な子どもが多いのではないでしょうか。

野菜嫌いだったり、偏食の子どもには、ビタミンEが不足していることが多いようです。

野菜嫌いの子どもには、

  • 野菜を小さく切る
  • 好きなものと混ぜる

などの工夫が必要になります。

天然素材のサプリメントを上手に使うのもいいですね。

子どもだけでなく、大人にも必要なビタミンEです。

栄養バランスを考えながら、体の成長や発達を促すために上手に取り入れたいですね。

それでも嫌いな野菜を毎日食べさせられるのは子どもにとっても苦痛です。

  • 野菜を小さく切ってハンバーグなどに混ぜる
  • おやつにする
  • サプリメントを活用する


などの工夫で上手に取り入れましょう。

大人も

  • 生活習慣病の改善と予防
  • 動脈硬化の予防
  • 貧血の予防
  • 冷え性の改善
などが期待できます。

子どもと一緒に摂取していきたいですね。