子供の結膜炎は種類により対処が違う「見分け方と自宅でできる治療法」

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

子どもの目が充血していると、「結膜炎かな?」と心配になりますね。

目を強くこすったのかな。
目に何かはいったのかな。
今日はプールがあったな。

などいろいろな想像が頭に浮かびます。

今回は、結膜炎の種類と見分け方についてお話します。

結膜炎の種類と見分け方

結膜炎には発症によって次のような3種類があります。

・ウイルス性結膜炎
・細菌性結膜炎
・アレルギー性結膜炎

ではこれらの種類ごとにどのような特徴があるのか見ていきますね!

1.ウイルス性結膜炎

こちらのタイプはさらに3種類に分かれます。

流行性角結膜炎(はやり目)

角結膜炎というように、白目部分の結膜だけではなく、黒目部分の角膜にも炎症が起きています。

目の充血と目やにがでます。角膜に小さな点状の混濁や炎症が数日間みられることがあります。

咽頭結膜熱(プール熱)

病名の通り、咽頭炎、結膜炎、高熱の3つが主な症状です。夏風邪の代表的なものです。

急性出血性結膜炎

流行性角結膜炎と症状が似ています。

強い充血や大量の目やにが出ます。

角膜には炎症が起きないので、黒目を見て下さい。

細菌性結膜炎

目の充血、眼球の痛み、ネバネバした黄色や緑色の目やにがでます。

原因となる菌に合った目薬でないと効果がないので、病院でしっかりと見てもらいましょう。

市販の目薬で治すのは難しいです。

抗生物質と抗生剤の治療で、1週間ほどで完治します。

アレルギー性結膜炎

花粉やハウスダストなどアレルギーの原因となるアレルゲンが目に付くことで発症します。

感染はしないので安心してください。

かゆみや充血が主な症状です。

アレルゲンを特定して、対処していく必要があります。

Sponsored Links

自宅でできる結膜炎治療

結膜炎の症状が見られたら、早めに眼科で見てもらいましょう。

でも病院が休診日でどこも休み、という場合に備えて、自宅で出来る治療について紹介します。

目やにが出たら、定期的にふき取りましょう

眼球を傷つけないように、目頭の涙腺の近くを優しくふき取りましょう。

拭きとる前後には手を洗いましょう。清潔なティッシュで優しくふき取ってください。

二次感染しないように、拭きとったティッシュは触らないようにしましょう。

温湿布や冷湿布をしましょう

ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎には、温湿布

アレルギー性結膜炎には、冷湿布

清潔で毛羽立ちの少ないタオルを使いましょう。

ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎は、感染を防ぐために、片目ずつ違うタオルを使いましょう。

目に刺激を与えないようにしましょう

コンタクトレンズやアイメイクなど、目に刺激を与えることはやめましょう。

コンタクトレンズにウイルスや細菌が付いている可能性もあるので、念入りに洗いましょう。

結膜炎が治ってから、使用しましょう。

市販の点眼薬を使いましょう

人口涙液で目を洗うと、結膜炎の症状が緩和されることがあります。

眼の乾燥をおさえ、原因となる物質を洗い流すからです。

アレルギー性結膜炎に効果を発揮する、抗ヒスタミン剤が含まれている市販の目薬もあります。

薬剤師さんに相談するのもいいですね。

市販のアレルギー治療薬を服用しましょう

アレルギー性結膜炎の場合は、市販のアレルギー治療薬で対応できます。

服用して数時間から数日で症状が改善します。

改善しない時は、ウイルス性結膜炎か細菌性結膜炎の可能性もあります。

抗ヒスタミン剤もアレルギーの諸症状に効果があります。

充血除去剤を使用すると、充血の症状を抑えることができます。

結膜炎は予防が大切

ウイルス性結膜炎や細菌性結膜炎は、結膜炎の人が手で目をこすって触った場所を、他の人が触って移ることがほとんどです。

・擦った手で電車のつり革を持った
・洗面所で感染した人と同じタオルを使った

など日常生活の何気ない動作で感染してしまいます。

帰宅したら、手洗いうがいの習慣をつけることで、結膜炎を予防できます。

家族の中で結膜炎の人がいる場合は、

・タオルの共有はやめる
・感染している人は最後に入浴して、お湯は捨てる

などの工夫で、感染を広げないようにしましょう。

十分な栄養を取り、休息を取ることで、自己免疫力を高めましょう。

アレルギー性結膜炎の場合には、アレルゲンを家の中に持ち込まないように、こまめな掃除が有効です。

Sponsored Links

目薬が嫌な子供には

小さなお子さんが結膜炎になった場合、目薬を受け付けないことがあります。

私が先生に教えてもらった方法を紹介しますね。

緑茶を煎じた液に塩をいれ、それをコットンにしみこませます。
 
目頭や目尻からそっと目に流し込む感じで洗ってみて下さい。
 
目に向って落ちてくる恐怖感がないので、子どもも大人しくしてくれます。
結膜炎の症状も改善されるので、いいですよ。

まとめ

結膜炎には、ウイルス性結膜炎細菌性結膜炎アレルギー性結膜炎の3種類があります。

結膜だけでなく角膜にも症状が出るもの、目やにがよく出るもの、感染力が非常に強いもの、など症状は様々。

手から感染することが多いので、むやみに手で目を触らない、手を清潔にすることを習慣づけましょう。

自己免疫を高めることも大切です。

病院が休みの時は、市販の点眼薬や人口涙液、アレルギー治療薬で症状を緩和することもできます。

症状が改善しなかったり、悪化したときは、速やかに眼科を受診しましょう。