赤ちゃんの紫外線対策は家の中でも必要!日焼け止めは塗っても大丈夫?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

赤ちゃんの肌はとても柔らかくてデリケートです。

屋外は勿論、室内でも日焼けしないように、紫外線を避けたいですよね。

天気がいい日中は、たくさんのUV-Aが部屋の中まで降り注いできます。

室内だからといって油断してはいけません。

室内にいても紫外線対策が必要です。

お出かけをする時には、日よけをしたり長袖を着せたり、日焼け止めを塗ったりして紫外線対策をしますよね。

室内でも同じように紫外線対策が必要ですが、どのように防いだらいいのでしょうか。

肌が敏感な赤ちゃんに日焼け止めを塗っていいのかな?」と疑問も出てきます。

今回は大切な赤ちゃんの肌を守るために、室内でどのように紫外線対策をしたらいいのかを紹介します。

赤ちゃんの紫外線対策は室内でも必要

赤ちゃんが大きくなって、ハイハイが出来るようになると自分の意思で自由に移動します。

窓ぎわやカーテンの近くに行って日焼けしてしまう危険性もあります。

赤ちゃんが部屋のどこに移動してもいいように、紫外線を予防できる環境を作ってあげましょう。

UV加工のレースカーテンをつけよう

屋外よりも紫外線は弱くなりますが、室内でもUV-Aはガラスを通過して届いています。

一番簡単な予防方法は、紫外線を防止する機能付きのレースカーテンをつけることです。

レースのカーテンであれば、室内が暗くなることもないですね。

ただしUV加工されているカーテンは、洗濯するとだんだんと防止効果が薄れてきます。

洗濯の頻度にもよりますが、買った当時の防止効果は1年程しか持続しないと考えましょう。

毎年買い替えるのは費用的にも大変なので、洗濯した後に布用のUV防止スプレーをしましょう。

これで機能を維持することができます。

UV防止フィルムを貼ろう

窓ガラスをすべてUV加工ガラスに変更できたらいいのですが、かなり大変ですよね。

そこでUV加工フィルムを窓ガラスに貼りましょう。

簡単にはがすこともできるので、賃貸住宅でも安心して利用することができます。

遮熱効果のあるフィルムもあるので、クーラーの効率を上げることも期待できます。

製品によって効果に違いがあったり期限があるので、気をつけましょう。

効果がなくなる前に張り替えをしましょうね。

ベッドの位置を変えよう

赤ちゃんがお昼寝する時のベッドはどこに置いていますか?

出来るだけ窓から離すようにしましょう。

遊ぶ場所も窓際から離れた場所にしてあげたいですね。

Sponsored Links

室内で日焼け止めは塗る?

赤ちゃんに日焼け止めを塗っていいのか、悩むところです。

日焼けをさせたくないけれど、日焼け止めが肌への刺激になって肌荒れを起こすのでは?
と心配にもなります。

赤ちゃんに日焼け止めを塗る際の注意点を紹介します。

生後6か月未満の赤ちゃん

生後6か月未満の赤ちゃんに日焼け止めを塗るのは止めましょう。

6か月を過ぎると塗っても大丈夫ですが、肌に負担がない優しいタイプでもやはり多少の負担はあります。

赤ちゃんの肌の状態にもよりますが、1歳になるまでは出来るだけ日焼け止めを1日中塗るのは避けましょう。

刺激が強すぎて、肌にダメージを与える可能性があります。

1歳を超えて、活発に動き回るようになったら塗ってもかまいません。

それまでは紫外線を防止する環境を作ってあげましょう。

Sponsored Links

ベビー専用の日焼け止めを使おう

大人の日焼け止めを赤ちゃんに使うのは止めましょう。

大人には何てことない日焼け止めでも、赤ちゃんの肌には刺激的すぎる成分が入っている可能性もあります。

同じ成分でも大人と子どもでは配合量が違ってきます。
赤ちゃんには

  • ベビー専用の日焼け止め
  • 紫外線吸収剤が入っていない日焼け止め
を使いましょう。

ベビー専用でも、赤ちゃんの肌質によって合わない場合もあります。

初めて使用する時は、腕の内側に軽く塗って様子を見る、パッチテストをし安全を確認してから塗るようにしましょう。

外遊びも大切

紫外線が気になるからといって1日中カーテンをしめた室内で遊ばせていいのでしょうか?

赤ちゃんは外の空気を吸うことができなくて、それはそれで可哀想ですよね。

無理に日光浴に連れ出す必要はありませんが、外気に触れることは赤ちゃんの成長にとってもとても重要なことです。

神経質に紫外線を避ける必要はありません。窓を開けて空気を入れ替えたり、外に連れて行くことも大切です。

紫外線の量は1日の中で変化します。午前10時から午後2時までは紫外線が最も多くなる時間です。

外気に触れるなら、この時間を避けるように意識しましょう。

外出もこの時間を避けると、浴びる紫外線も多少少なくてすみますね。

Sponsored Links

紫外線の影響

昔の母子手帳では赤ちゃんの日光浴を推奨していました。

真っ黒に日焼けした子どもは健康優良児の代名詞みたいなものでしたね。

しかし現在では、環境の変化もあって日光浴は避けるように指導されています。

赤ちゃんは肌のバリア機能がまだまだ弱いです。

長い時間紫外線にあたると、皮膚がんや白内障のリスクが高まる危険性があることが分ってきました。

生まれた時から紫外線対策をしていれば、シミやしわの心配も減るかもしれませんね。

まとめ

室内での紫外線対策は、まずUV加工のカーテンやフィルムを使うのがおススメです。

昔とは比べものにならないほど対策グッズも出回っています。

紫外線対策もいろいろと紹介されています。

赤ちゃんの肌はシミも全くなくて、本当にうらやましいですね。

しかし肌のバリア機能は弱いので、ママがしっかりと紫外線から守ってあげましょう。

紫外線予防に過度に神経質になる必要はありませんが、最低限のケアはしてあげたいですね。