1. TOP
  2. 浅利妙峰(糀屋本店)の本名や年齢は?プロフィールと糀谷本店の通販は?カンブリア宮殿

浅利妙峰(糀屋本店)の本名や年齢は?プロフィールと糀谷本店の通販は?カンブリア宮殿

生活 食べ物 この記事は約 5 分で読めます。 1,207 Views

3月2日の『カンブリア宮殿』では「地方から奇跡のビジネス革命を起こした女性社長SP」として

糀屋本店社長の浅利妙峰(あさり・みょうほう)さんが出演されます。
 
 
浅利妙峰さんは麹ブームの火付け役とのことで話題になっているのですが、こうじ屋ウーマンとして活躍されています。
 
 

浅利妙峰さん、変わったお名前なので本名を調べたら幼名がありました。

その糀谷本店さんの商品はどこで買えるのか?ネット通販はされるのか?

などなど含め
について調べてみます。

Sponsored Links

浅利妙峰さんのプロフィール

【名前】: 浅利 妙峰
【読み】: あさり みょうほう
【生年月日】:1952年生まれ
【出身地】:大分県

10歳年下の妹と2人姉妹です。

小学5年生でガールスカウトにハマる程のじゃじゃ馬だったとか。

その後は佐伯鶴城高等学校を卒業して、東京富士大学短期大学部経営学科へ入学。

卒業後に帰郷し25歳で結婚します。

浅利妙峰さんは長女なので旦那さんは婿養子だそうです。

26歳から6年間で3男2女を出産し、厳しく育てられたそうですよ。
 
 

浅利妙峰さんは現在、大分県佐伯市で江戸時代から325年続く老舗『糀屋本店』の代表取締役です。

糀屋本店9代目当主である浅利妙峰さんは、こうじ屋ウーマンとして活躍中です。

浅利妙峰さんの本名と幼名

ところで浅利妙峰さんのお名前ですが、浅利妙峰という名前は珍しいですよね。

 
 

「妙峰」というと、どこか尼さんのようなイメージを抱いてしまいますww

 
 

浅利妙峰さんの本名が気になるところですが、芸名みたいなものなのでしょうか?

調べたところ生まれた時の名前は違い、幼名があるみたいです。

本名は直美さんという名前です。

浅利妙峰さんのFacebookページのURLもmyohonaomi.asariとなっています。
 
 
この直美さんが本名ってことでしょうかね?
 
 
実は息子さん達も別名を使われているようなんです。

もしやすると、ご主人が元僧侶なでその影響なのかもしれません。

Sponsored Links

浅利妙峰さん来歴

日本古来の食材である「こうじ」の需要は減り続けておいります。
浅利妙峰さんの糀屋本店も一時は廃業寸前まで追い込まれたが、塩糀の考案により復活を果たしました。
 
 

こうじ文化が衰退の一途をたどるなか、なんとか店を守り続けてきた『糀屋本店』でしたが、2005年、8代目が体調を崩した際、店の存続を迫られることになります。

当時大学を休学して店を手伝っていた二男が、店を継ぎたいと手を挙げるのですが、

浅利妙峰さんは
「店を継いでくれることは嬉しかったけど、傾きかけたままの店を息子に渡すわけにはいきませんでした」
と言います。
 
 
そこで、浅利妙峰さんの糀屋本店では糀を塩の代わりに使える調味料としてアレンジした「塩糀」を世に生み出し、ブームを築くと「塩糀」は一躍注目の食材となってしまいます。
 
 
そんな、ブームの立役者である浅利妙峰さんは、さらに「塩糀」の活躍の場を世界に広げようとしています。
 
 

かつて日本の家庭では、こうじをもとに自家製の味噌や醤油、甘酒などをつくっていました。

しかし、時代とともに食生活も変化し、味噌や醤油、甘酒は「つくるもの」から、今では普通に「買うもの」となっています。
 
 

こうじを表す漢字は2種類あり、「麹」は米・麦・大豆などの穀類を材料にしたこうじ全般を指し、もう1種類は『糀屋本店』もつくっている「糀」で、米を材料にした米糀のみを表します。

Sponsored Links

浅利妙峰さんのお店、糀屋本店のネット通販は?

浅利妙峰さんの「塩糀」、食べてみたくなりますよね。

しかし、東京ではデパートへの出店もなく販売されていません(2017年2月時点)

その理由は、「塩糀」はデリケートな商品であるが故、管理の問題があるからです。
 
 
その中、ネット通販で取り寄せは可能です。
無料レシピも公開してくれていますよ。
 
 

浅利妙峰さんは公文の先生

浅利妙峰さんは5人の子供を育ながら、家業とともに公文教室を開いていました。
 
 
18年間にも渡って、公文教室を兼業しているとてもパワフルな女性なんですよ。
 
 
浅利妙峰さん、かつてのガールスカウトの経験をいかして、公文式碩田教室で指導していました。

その経験をもとに発表したのが「浅利妙峰の母になるとき読む本」です。
 
 
新米ママの大きな味方ですよね。
 
 
その本を編集したのが公文の教え子だそうですよ。

浅利妙峰さんの嬉しさは倍増でしょう。

Sponsored Links

浅利妙峰さんのまとめ

浅利妙峰さんには幼名がありました。

塩糀を商標登録しないのがスゴイですよね。

家業と公文の先生もこなすパワフルな女性でした。

糀を世界に伝えたいと語っているので活躍が楽しみですよね。
 
 
関連記事:
御手洗瑞子の経歴や大学は?年収やプロフィールを紹介!カンブリア宮殿


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 更年期障害名医の勤務病院と診療料金は?納豆に味噌でエクオール増!その原因、Xにあり!

  • 岩佐大輝が栽培するミガキイチゴをガイアの夜明けで特集!GRAの場所と通販は?

  • 菊池亮(トリマー)にマツコ絶賛!経歴にお店の場所と料金は?

  • 堀越智(上智大学)の趣味とプロフ!マイクロ波の可能性や将来展望は?ホンマでっか!?TV

  • デルタパワーを高め深睡眠で血糖値改善!睡眠新薬と脳波計を紹介!ガッテン!

  • マツイ(新潟県三条市)のノギスの制度が凄いと話題!どこで買えるの?