1. TOP
  2. 大動脈瘤と声や咳の関係とは?生存率25%の見えない時限爆弾の予防法!ガッテン!

大動脈瘤と声や咳の関係とは?生存率25%の見えない時限爆弾の予防法!ガッテン!

健康 生活 この記事は約 6 分で読めます。 1,268 Views

2017年3月15日放送のNHKガッテン!では、「“声”で発見!?突然死を招く大動脈の危機」について取り扱われます。
 
 
大動脈にこぶができる大動脈瘤(りゅう)は痛みがなく放っておくと破裂することもある怖い病気です。
 
 
大動脈瘤は無症状であることが多いため、自分で見つけることは難しいそうです。
 
 
そんな大動脈瘤の治療は破裂を予防することが最大の治療になるそうなので、不安になったり気になることがあったら迷わずに専門医のいる病院を受診することをお勧めします。
 
 
今回は、無言の病状である大動脈瘤ですが、大動脈瘤があることを知らないと治療すらできないため、その発見方法について調べてみました。

Sponsored Links

胸部大動脈瘤のかすれ声に潜む恐怖

胸部大動脈瘤と診断されたら・・・
普通は、怖い病気で生命の危険を感じると思います。
 
 
大動脈瘤の最初の症状は、弱々しいかすれ声になってしまうというものらしいです!
 
 

朝、声を出しているつもりなのに、弱々しいかすれ声しか出ない何て経験などはないでしょうか?

のどの痛みや熱はないものの、なんとなく身体がだるいような状況から始まって、ファーストオピニオンでは、 風邪による声のかすれと診断されることがほとんど。
 
 

うがいや風邪薬を飲んだところで、大動脈瘤であれば当然、かすれ声は全く変化ありません。
 
 
かすれ声は悪化していき、途切れ途切れになり最後には、相手が聞き取れないほどになってしまうそうです。

Sponsored Links

大動脈瘤と声の関係

大動脈瘤とは何らかの原因で大動脈の壁が拡張してしまう病気で、原因としては動脈硬化が多く、女性よりも男性がなりやすく、50歳以上の年配の男性に多く発症します。
 
 
大動脈瘤を発症していると声が出なくなる理由としては次のように考えらえらえています。

声帯のヒダを動かす神経は、胸の辺りで声帯につながっているのですが、この神経の経路がどこかが圧迫されると、脳からの指令が遮断され、声帯の麻痺が生じます。
 
 
その神経を圧迫しているのが大動脈瘤によってできたこぶだと言われれいて、塩分の摂取による高血圧に加え、喫煙など生活習慣により、大動脈の湾曲部分にコレステロールなどが沈着し、動脈硬化を生じた結果、脆くなった血管が拡張し、こぶのようになる考えられてるんですね。
 
 
声帯麻痺を引き起こす可能性のある病は多くあって、左側の声帯だけが動いていない場合だと
・胸部大動脈瘤
・脳腫瘍
・状腺がん
・食道がん
・肺がん
なども該当してきます。

いずれも生命に関わる恐ろしい病ですね。

 
 

胸にできた場合には胸部大動脈瘤お腹にできた場合には腹部大動脈瘤というように分類されます。

 
 

胸のレントゲン撮影によって大動脈瘤が大きく膨らんでいたのなら胸部大動脈瘤と診断することができ膨らんだ大動脈を人工血管に置換るなどで状態のは改善が見込めるそうなんです。
 
 

声のかすれと重篤な病に関係があるなんて知らないと大変なことになりますね。

Sponsored Links

大動脈瘤を感じる症状

症状としては

胸部大動脈瘤の場合には
・声のかすれた感じや咳
・食事が呑み込みにくいといった症状
腹部大動脈瘤の場合には
・腹部の違和感
・腹に拍動する硬いかたまりがある

といった症状が出ることがあるそうなんですが、多くの場合には無症状で経過します。

無症状だからといって放置していると瘤が大きくなっていき、破裂の可能性が高くなり大変危険です。
 
 

破裂してしまった場合には胸やお腹の激痛などが出現し、病院に到着する前に死亡することや、病院まで着いたとしても治療が出来ずに助からないことが多いそうです。

そのため、こ大動脈瘤は何としても破裂を予防することが大切です。
 
 
そのためには早期発見が何よりですが、

大動脈瘤は胸部X線や腹部の拍動するかたまりを触れることで見つかることが多いそうです。

それ以外にもCT検査やMRI検査、エコー検査などで見つかることもあります。
 
 
もし、大動脈瘤が大きくなってしまっていた場合、現在では大動脈瘤を小さくすることが出来る薬はないそうです。

 
 
大きさが小さい場合には血圧をしっかりコントロールしながら、経過見ができるのですが、大きくなった場合には手術となります。

手術には胸やお腹を開けて大動脈瘤を切り取って人工の血管に置き換える人工血管置換術と、血管の中からワイヤーの入った人工血管を置くことで大動脈瘤に血液が流れないようにするステントグラフト内挿術の2種類があります。

Sponsored Links

大動脈瘤発症の事例

胸部大動脈瘤は、最悪の場合死にいたる病で60代以上の男性に多く、毎年1,000人近い命を奪っているそうです。
また、その予備軍は、実に8万人に達すると考えられています。
 
 

<症状>
(1)声がかすれる
(2)咳き込む
(3)食べ物が飲み込みにくい
(4)血痰
(5)胸と背中に激痛

胸部大動脈瘤になってしまう最大の原因は、タバコと高血圧です。
 
 
例えば40年近くも毎日2箱のタバコを吸い続ければ胸部大動脈は徐々に動脈硬化が進行して血管はもろくなっています。

長い時間をかけ、動脈の一部を膨らみますが、正常な胸部大動脈であれば直径は、2㎝ほどのものが、動脈瘤になって膨らみ6㎝程まで育つとギリギリの状態です。

恐ろしいことにこの病気は、こうなって初めて自覚症状が現れてくることが多いのです。

「声のかすれ」や「咳き込み」は大きくなった胸部大動脈瘤が声帯の神経を圧迫したことで声帯が麻痺して声が出にくくなり、唾液などがうまく飲み込めず咳き込んでしまいます。
 
 
しかし、声帯の麻痺は一時的に回復するため、こうした症状が治まってしまったり、胸部大動脈瘤はレントゲンに写らないことがあり、通常の健康診断では発見されにくいのです。

これこそが胸部大動脈瘤の落とし穴でついつい見逃してしまう恐るべき病なのです。
 
 

すぐに専門医の診察を受けていれば、最悪の事態は避けられるかも知れません。
しかし、いったん胸部大動脈瘤が破裂してしまうと、その生存率はわずか25%。

それはまさに「見えない時限爆弾」なのです。

「胸部大動脈瘤にならないためには?」
 (1)バランスの取れた食事を心がける
 (2)高血圧にならないよう注意する
 (3)禁煙
 (4)「声のかすれ」「咳」などの症状に注意

あまり目立った症状が出ないこの病気、もしちょっとでも体に違和感を覚えたら、病院でCTスキャンなどの詳しい検査をされることをおすすめ
します。


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ガッテン!盲腸切除と大腸がんの関係をNCBIが報告!虫垂の役割を大阪大学が解明!

  • 似鳥昭雄(ニトリ会長)の年収や経歴は?波乱に満ちた人生と家族は?アレがあるから今がある!

  • 岩佐大輝が栽培するミガキイチゴをガイアの夜明けで特集!GRAの場所と通販は?

  • 村上栄一先生が言う仙腸関節障害の症状は?遼河はるひの腰痛原因も? 

  • 近藤博子のこども食堂ブームの背景に日本の貧困?こどもの食堂とは違う?カンブリア宮殿

  • アミナ・ハート(オーストラリア)は精子提供と結婚?体外受精で出産!