1. TOP
  2. 藤枝亮一は大間の一本釣り最強漁師!故・松方弘樹のマグロ釣り師匠とは?

藤枝亮一は大間の一本釣り最強漁師!故・松方弘樹のマグロ釣り師匠とは?

エンタメ オモシロ情報 特殊な職業 この記事は約 6 分で読めます。 319 Views

大間ではマグロ一本釣りで名のある藤枝亮一(ふじえだりょういち)さん。

大間の町の人は、藤枝亮一さんに親しみをこめて『藤枝の亮さん』と呼んでますww
 
 

かなり前の話にはなりますが、藤枝亮一さんは、小泊に釣りに来ていた、故・松方弘樹さんとマグロにかける思いの熱つさから意気投合されたこともあったそうですよ。

 
 

そんな藤枝亮一さんが、4月28日夜9時から放送される金曜プレミアム・ニッポン最強漁師!世界の海で頂上決戦!に出演され、、アメリカのNo.1の漁師と勝負をされるそうです。
 
 

日本最強漁師とアメリカ最強漁師との対戦、とても楽しみですね!!

ということで、今回日本を代表する大間のマグロ漁師でありる藤枝亮一さんてどんな方なのか調べてみたいと思います。
 
 

Sponsored Links

藤枝亮一と松方さんと大間のクロマグロ

藤枝亮一さんは現在63歳で青森県大間町の大間で魚を獲っていて、藤枝さんのマグロ釣りの特技は疑似エサを使った一本釣りなんです。

 
 
もともと、藤枝亮一さんはマグロの仲買人として働いていたんですが、いつの間にか海に出てマグロを獲る側になったんですってww

そもそも大間の人なので、マグロ漁に対して、ひとしお熱い思い入れがあったんでね!

藤枝亮一さんは現在63歳ですが、マグロ漁のキャリアは15年ほどとのことなので、藤枝亮一さんのマグロ漁の漁師としてのスタートははかなり遅めになるのではないでしょうか!?
 
 

そんな大間の最強漁師、藤枝亮一さんは、故・松方弘樹さんと2011年に出会います。

その時、青森・小泊に釣りに来ていた、俳優である故・松方弘樹と大間の最強漁師、藤枝亮一さんはマグロにかける熱い思いから意気気投合し、二人は漁を通じて友情を育んでいきました。
 
 
大間のクロマグロと言えば有名で、今年の東京・築地市場でも1月5日、新春恒例の初セリで最高値で競り落とされた青森県大間町産のクロマグロは1匹(212キロ)7420万円でした。

 
 

マグロが1匹で、7420万円って驚くかもしれませんが、過去の史上最高値では、2013年に1匹で1億5540万円といった値段さえつけたこともあります。

今年はその年以来、4年ぶりの高値となって、1キロあたり35万円!!!

この値段は前年の5倍の値段となって話題になっています。

 
 

大間のマグロを釣り上げるため、松方さんは藤枝亮一さんの船「第二十八光明丸」で沖へ出たこともあり、今年の初セリ7420万円の212キロよりもさらに100キロも大きな300キロ以上のマグロを釣り上げたこともあったそうです。

 
 
そんな松方さんのために藤枝亮一さんは、大間の若手ルーキーでイケメンな若者を相棒に伴い、天国の松方さんへ勝利を捧げるため、松方さんの形見の「リール」と「帽子」を持ってアメリカへ戦いに乗り込みますよ。
 
 
一方、決戦相手は、アメリカNo.1との呼び声高い漁師・リード・メリデスさん。

漁師歴22年で祖父と父、親子代々マグロ漁を営む一家の三代目で、これまで釣り上げた最高のマグロはなんと384キロ。

リード・メリデスさんもかなりの強者ですね!!!

Sponsored Links

藤枝亮一さんの年収は?

さて、大間の最強の漁師と言われている藤枝亮一さんの収入についてはどのぐらいなんでしょうか。

漁師さんと言っても、かの有名な大間のクロマグロを釣り上げる漁師となれば、その年収というものが、気になってしまいます。

マグロの取引額は、季節とか場所によって変わるそうですが、キロ当たり5000円から1万円位になるそうですよ。

大きなマグロになればなるほどキロ単価も上がり、100キロを超えるマグロともなれば市場では100万近い取引となり、、松方弘樹さんが獲った300キロ超えのマグロであれば、まず300万円ぐらいになるってことです!

でも、さすがに100キロ超え級のマグロがそんなにゴロゴロいるわけではないですね。
 
 

最強の漁師といえども1日に何十匹も獲れる訳では、もちろんありません。

多い時もあれば、獲れない時もあるでしょう。

そういうことで、マグロ漁では振り幅が激しいため、漁師さんはマグロ以外の漁で生計を立てているとのことです。
 
 
マグロ1頭で7千万とか、1億って聞くと一攫千金のイメージが湧いてきますがそんな職業ではないとのことですね。

もちろん夢のある職業であることには間違いありませんが!

ということで、調べてみた漁師の職種別年収ランキングがこちらです。


カニ漁師(遠洋漁業):  1000万円~1500万円
マグロ漁師(遠洋漁業): 800万円~1500万円
カツオ漁師(遠洋漁業): 700万円~1200万円
イカ漁師(遠洋漁業):  900~2000万円

引用:漁師 – 平均年収.jp

いかがでしょうか?

いくらか高めな収入には見えますが、作業量や誰でも彼でもできるものではない、技術が必要なんだという点を鑑みると、それ相当のものだと思います。

Sponsored Links

藤枝亮一さんのご家族について

藤枝亮一さんは、ひとまわり違いの奥様がいらっしゃいます。

お二人はともに午年なのだそうで、午年同士なだけにお互い馬が合うとwww

 
 

いろんなところが良く似たお二人で、

『こんなところまでそっくり!?っていうくらい共通点があるんだえ~。』

といった、おしどり夫婦らしいです。

ちなみに、こちらの写真は藤枝亮一さんのご自宅なのだそうです。

天井にある、青森の象徴、ねぶたに県民のこだわりが現れていますね!!!


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 徹子の部屋で三遊亭好楽の孫の遥クンが可愛すぎ! 家入レオと親戚の噂は本当?

  • 布川智子の整形疑惑が気になる!現在旦那や子供は?

  • 財前直見が劣化した原因は!?現在は大分の実家で子育て!

  • 漆山家は大家族で夫妻の美容室は埼玉のどこ?家族構成と母の夢とは?列島縦断!頑張れ!夢見るスーパー大家族SP

  • 三浦大知の男気を見た!嫁は誰?の噂も調査!

  • マクミラン彩は美人と話題のギネス認定員!公式認定員になるには?