1. TOP
  2. 花總まり奇跡の40代の結婚は? 実家は金持ちで大河ドラマにも出演!爆報!THE フライデー

花總まり奇跡の40代の結婚は? 実家は金持ちで大河ドラマにも出演!爆報!THE フライデー

エンタメ タカラジェンヌ この記事は約 6 分で読めます。 629 Views

宝塚歌劇団において、後にも先にもいない伝説的娘役だった花總まりさん。

今もなお多くの娘役が、その名前を憧れの人にあげるほどの花總まりさんですが、バラエティ登場は今回初めてなのだそうです。

 
 
そんな花總まりさんは、既に44歳とのことですが、見た目は30代前半でまさに奇跡の44歳ですね!!

花總まりさんのいまだ美しい容姿は、宝塚100年に1人の娘役で女帝・花總まりと呼ばれていました。
 
 
それから、花總まりさんはただ美しいだけではなく、本名である醍醐ということから実家は旧華族ではないかとの噂もあります。
 
 
そこで、今回は、いかにお花様伝説が偉大なものなのか、その「女帝伝説」と花總まりさんの実家についても調べてみます。

Sponsored Links

花總まりさんのプロフィール


【名前】:花總まり(はなふさ まり)
【本名】:醍醐まり子(だいご まりこ)
【生年月日】:1973年2月28日
【出身】:東京都
【血液型】:O型
【職業】:女優

花總まりさん、幼いころに子役として雑誌の表紙になったこともあるそうですよ。

そしてお母さんは元松竹歌劇団の青江奈美さんで、生まれた時から花總まりさんの身近には音楽や舞台があったこともあり、宝塚のことは気がついたら存在を知っていたそうです。
 
 
5歳の頃にはバイオリン、小学校からはバレエを習いはじめます。

はじめはバイオリニストになることが夢で、音大に進学しようと考えていたのですが、1991年には宝塚歌劇団に入団しました。

そのような経緯からして、間違いなくお金には困っていない生活を送ったことでしょう。
 
 

花總まりさんは、77期生で宝塚に入団し、星組に配属されました。

入団時から大抜擢続きだったようで、雪組への組替え後には、入団4年目にして一路真輝さんの相手役として雪組トップ娘役に就任します。

1998年に宙組が新設されると、初代宙組トップスターに!
 
 

Sponsored Links

花總まりさんの娘役トップ期間は12年

 花總まりさんは2006年に卒業までトップ娘役の在任期間は12年。

これまでの長きにわたり、トップ娘役を務めたタカラジェンヌは他に存在せず、語り継がれています。
これぞ女帝と言われる所以ですね。
 
 
花總まりさんの在任期間中は

「ベルサイユのばら」マリー・アントワネット
「エリザベート」エリザベート
「風と共に去りぬ」スカーレット・オハラ
「鳳凰伝」トゥーランドット
「うたかたの恋」マリー・ベッツェラ
「激情ーホセとカルメン-」カルメン

など、宝塚歌劇を代表とする役を数々演じ、多くの娘役の憧れの存在だったようです。
 
 

一路真輝さんの退団公演「エリザベート」ではタイトルロールとなるエリザベートを好演。

その後、一路真輝さんの後任トップスター高嶺ふぶきさんの相手役、轟悠さんの相手役を務め、1998年に宙組が新設されると、姿月あさとさんの相手役として初代宙組トップスターに就任します。
 
 

姿月あさとさんの退団後は、後任和央ようかさんの相手役を務め、和央ようかさんとともに、2006年に「NEVER SAY GOODBYE」をもって宝塚を卒業しました。
 
 

このように経歴を踏んだ花總まりさんのトップ娘役の在任期間は何と12年。

相手役を務めたトップスターの数は、5人にものぼります。
 
 

今でも、有名作品の再演の際は娘役が参考にし、「花總まりの呪縛」ともいうべきその存在感の大きさを示しています。

Sponsored Links

花總まりさんのご結婚は?

現在44歳の花總まりさんですが、結婚はされているのでしょうか?

これだけの美貌の持ち主なので、独身ということはないでしょう、っと思ったら・・・
なんと、44歳にして独身です。
 
 
さらに、結婚しているどころか恋愛事情に関する情報など一つもなく、浮いた噂すら残念ながらありませんでした。

きっと宝塚歌劇団からずっとストイックな生活を送り恋愛する時間がなかったのでしょうか?

しかし、元宝塚の人って独身の方が多いですよね〜。

でも人生を謳歌されていらっしゃいそうですねww

 
 

大河ドラマの役どころは

NHKのおんな城主直虎に、悲運の姫であり、瀬名の母である井伊直平の娘役「佐奈」として出演されています。
(和装もまたお似合いですね)

佐名は父・井伊直平が今川に屈した証しとして送り込まれた、いわば人質のような存在です。
 
 
花總まりさんは佐名役のお話をいただいた当初は、戦国の世とはいえままならない自分の人生をどう理解しながら生きた女性なのか?

運命に翻弄されて生きる佐名の、心の内に秘めた強さや、わが子・瀬名を思う愛情の強さなどを大切にして演じられるよう想像を膨らませながら撮影に臨んでいたそうです。

 
 
不運な境遇の中でも常に自分自身を見失わない、佐名の強い生き方や考え方を踏まえ、「どんな逆境にも耐えて咲く花のように」・・・

とは言うものの、実は収録期間はあっという間に過ぎ、美しかった佐名の黒髪が一気に白くなっていくので、ドラマをご覧になられた方は驚かれたと思います(笑)。

Sponsored Links

花總まりさんの実家は金持ち

花總まりの実家については大金持ちで、旧華族ではないのかとの噂がありますが真偽は定かではありませんが、実家は不動産業を経営しているということなのです!!

これもあくまで噂です。
 
 

ただ、花總まりさんにまつわるいろんな都市伝説が出回っています。

「衣装は全部自費で2000万円の舞台用ドレスを自費で作った」

「新東京宝塚劇場の緞帳(どんちょう)をプレゼントした」

「億ションに住んでいる」

などなど

さらに、幼いころからバイオリンを習い、音大に進学する予定であったことからして、裕福であることは確かですね。

宝塚での歴史に残る活躍と実家についての都市伝説的な噂を持つ花總まりさん

大河ドラマ「おんな城主 直虎」でテレビドラマに初出演をはたし、今年ブレイク間違いなしの今大注目の元宝塚女優さんです。

今後の益々の活躍、楽しみですね!

 
 
関連記事
・【紫吹淳がプレバト才能ランキングで昇格試験に挑戦!元宝塚はなぜバラエティで人気?】
・【美雪花代は宝塚の元娘役!子供はいないが牧場でセレブ生活?】


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 井上良(頭脳王)のwikiや中学高校は?両親や彼女についても!

  • GACKTがマレーシアの自宅公開!収入源とクアラルンプールで学んだことは?人生で大事なことは「KL」から学んだ

  • 鰻和弘(銀シャリ)の嫁って誰!?結婚はいつで年齢はいくつ?

  • 白石美緒(ポールダンス女医)がセクシーすぎる!勤務先の病院はどこ?

  • 水上颯(頭脳王)の高校や勉強法は?ブログや母親についても!

  • ロザン・宇治原は京大卒の高学歴でインテリ芸人!勉強法が斬新だった!Qさま