林修の今でしょ!講座(11月20日)!みかんで動脈硬化のリスクが軽減

みかん

Sponsored Link

11月20日の林修の今でしょ!講座では冬に大注目の食材「みかん」の知られざる健康パワーが紹介されていたので紹介します。

林修の今でしょ!講座(11月20日)

冬になると何気なく食べているみかん。

実は冬の病気を防ぐ上で、血管や骨を強化する食材だという。

Sponsored Link

一日三個のみかんを食べると動脈硬化のリスクが減る!

  みかんの果汁に動脈硬化の要因となる血管過剰増殖の抑制があることがわかっているそうです。
  1日200ml相当の飲用で効果があるりだいたいみかん3個分で補えます。

Sponsored Link

みかんの皮が糖尿病を防ぐ

  
みかんの皮に含まれている橙色の色素成分ℬクリプトキサンチン。この成分の血中濃度が高いとインスリンの分泌のバランスが良くなり糖尿病予防につながるらしい。

Sponsored Link

普段はとっちゃう!?スジに隠された栄養効果

みかんのスジにはヘスペリジンというビタミン様作用物質が含まれていて、毛細血管を強化しビタミンCと一緒に血圧の上昇を抑制する効果があります。

そのほかに食物繊維が豊富でお腹の調子を整えてくれます。

Sponsored Link

まとめ

以上、食後のデザートはみかんで冬の病気を防いでみたいと思います。

Sponsored Link