ガジェット 買って良かったもの

【満足度頂点】HHKB Professional HYBRID Type-Sレビュー


キーボードは適当なものではなく高級キーボードを選ぶべきである。「デスク」や「椅子」を最適化していくように、その違いは100円ボールペンとモンブランくらいの違いがある。表面に出ない効果まで含めると雲泥の差として現れる。


プロ利用者による評価が非常に高い高級キーボード「Happy Hacking Keyboard」を遂に使い始めた。ほんの数日使っただけでその存在感を実感。スペシャリストが研ぎ澄まされた道具を選ぶ理由がよくわかる。





【結論】高級キーボードはただのキーボードではない

パソコンとともに多くの時間を過ごすようになったらキーボードに拘るべきである。

そもそもキーボードなんて数千円からでも買えるしあえて無駄な投資なんてしなくても機能は同じ。
ましてやキーボードとかマウスなど入力機器はパソコン本体と比べればおまけ程度で、あまり意識は向かないかもしれない。
普段使いがノートパソコンならなおさらのことだ。

しかし直接触れる機会が最も多くなるキーボードは「靴」や「洋服」と同じで、それなりに拘ってみる価値はあると思う。

仕事のできる職人は道具に拘る・・・と同じ精神で、仕事道具を蔑ろにしていては結果は出せない。ものだと思う。

・料理人の包丁
・美容師のはさみ
・スポーツ界で名を残している選手はその人のモデルがある

プロ向け高級キーボードの代表格としては、「東プレ RealForce」と「PFU Happy Hacking Keyboard」の知名度が高い。

これまでは仕事の流れから「東プレ RealForce」を使っていたが、最近周りにHappy Hacking Keyboard人口が増えてきた。

その影響を受けHappy Hacking Keyboardを調べるようになってしまった。

東プレ RealForce自体は使っていて打鍵感・重量感供に高級感があり不具合はなかったのだが、社内・自宅、Win・MACと同じキーボードを使いまわす発想は出なかった。

ところが、「HHKB Professional HYBRID Type-S」は、軽量コンパクトなサイズとBluetooth接続、USB接続(Type-C)をサポートし、最大5台のデバイスを切り替え使うことができる。

「HHKB Professional HYBRID Type-S」のサイズ感がコレ ↓

 

その上キーマップ変更機能までが搭載されていたのだ。

つまり、今まで発想したことがなかった、OS、デバイス、場所を問わず、ひとつのキーボードを使いまわすことができることに気が付いた。

 
 

そもそも「HHKB」とは、どんなキーボードなのかを説明すると、プログラマーが理想とする合理的なキー配列をしたプロフェッショナル向けのキーボードで1996年にファーストモデルが発売された。

HHKB Professional HYBRID Type-Sを選んだ理由

キーボードなどには、ほとんどの人は拘らないのが普通で、付属のもので十分と考える。

何故ならどんなキーボードを選んだところで機能についてはどれも同じようなものだから。

しかしながら、せっかくだから自分に合ったキーボードを選んでみようと思った時には、その選択肢の多さと実際に使い比べた時の操作感はそれぞれ全く違ったもので、どれが自分に合っているのか迷走し『沼』が待っているのがこの世界。

数多くのメーカがキーボードを販売していて、おまけ程度の廉価なものから業務使用に耐える高級キーボードまでその種類は数多ある。

デザインにしてもメーカーコンセプトの合わせた軽量薄型のものから重量感あるものまで、利用シーンに合わせて様々あり選択肢が多すぎるのが現実。

そんな中、今回、HHKB Professional HYBRID Type-Sを選んだ経緯を整理した。


 

静電容量無接点方式

マニアックな話になるが、高級キーボードとして「静電容量無接点方式」という入力方式の採用がポイントになる。

HHKB Professional HYBRID Type-SのType-Sとは、高速タイピング性(Speedy)と静粛性(Silent)を向上させたモデルを意味し、タイピングの心地よさに軽快さが加わった、速さと快適さを追求したプロモデルだ。

使い比べればすぐわかるが、要するに「打鍵感が心地よい」ということ。

一般的なキーボードは電極端子を押し付けて接触させるので指先にカチッとった感触が残るが、「静電容量無接点方式」を採用しているキーボードはこの感触が優しい。

静電容量無接点方式のキーボードの打鍵音はよく、「コトコトコト」と表現されるがまさにその通り。タイピングが気持ちいいキーボードだと言える。

 

セブン銀行ATMのテンキーがこの「静電容量無接点方式」を採用しているので、機会があれば意識して感触を確認してみるといい。


 

1台のキーボードで複数デバイスが使える

PFU製品の中の現行のフラッグシップモデルであり、機能もフル搭載されている。

Bluetooth接続、USB接続(Type-C)をサポートし、最大5台までのデバイス接続が可能でショートカットキーで簡単に切り替えられる。

Mac、Windows、iPad、iPhone…どんなデバイスであってもBluetoothでペアリングしておけばサクッと切り替え可能なので、様々なデバイスを使い分ける自分には必然の機能であった。

DIPスイッチを使えば、簡単にキー配列やモードを変更できる。「HHKB Professional HYBRID Type-S」には6つのスイッチが用意されている。


 

本体背面にあるDIPスイッチをオン・オフする事で、Windowsモード、Macモードなど様々な切り替えが可能になる。

HHKB Professional HYBRID Type-Sの重さが最適

HHKB PRO HYBRIDに乾電池を入れた状態での重さは585gで極端に軽いことはないが、フルサイズのキーボードと比べればよりグッと軽い。

それでいて、キー入力中はドッシリと机に鎮座するため安定感も十分。

またコンパクトな筐体であるため、ノートPCなどと一緒に持ち出してもさほど負担になる重さではない。

 

HHKB Professional HYBRID Type-Sはデザイン性と利便性を兼ね備えている

デザイン性も利便性も取りたいと考えた時、HHKB Professional HYBRID Type-Sであればその両方を兼ね備えている。

今回はHHKB Professional HYBRID Type-Sの中からキー配列は「US配列」、カラー「墨」を選択した。

理由は、US配列のキーボードはJIS配列と比べキー数が少なく(60個)よりコンパクトであり、カラーを「墨」にすることで印字がそれほど気にならないからである。


 

また、US配列であればキーに文字が印字されていないキートップセットがKBDFANSから用意されていいて、完全なるプロフェッショナルモデル「無刻印」にすることもできる。

キーボードを変えることなく、キートップだけの交換で雰囲気をガラッと変える事ができるので、自分だけのHHKBにカスタマイズすることでより愛着が湧くだろう。

長時間タイピングしても疲れにくい構造

HHKBをサイドから見ると湾曲した変わった形をしているのが分かる。

このカーブによって正確なキー位置が分かりやすく、また指がフィットしてキーが打ちやすくなっている。

キー荷重(キーを押した時の重さ)は全てのキーが45gになっていて、程よい過重であるためミスタイプが減って確実なタイピングが出来ると思われる。

HHKB Professional HYBRID Type-Sのメリット・デメリット

MacBook Proなど、多くのラップトップはキーストロークが浅いが、「HHKB Professional HYBRID Type-S」のキーストロークは3.8mmと数倍深い。

そのため普段薄型のキーボードに慣れてると、HHKB Professional HYBRID Type-Sのキーストロークの深さに慣れるまで違和感を感じるかもしてない。

慣れの問題ではあるが、このキーストロークの深さがHHKB Professional HYBRID Type-Sの心地よい打鍵感を生み出している。

しかし、キーの跳ね返りが良いため、指がキーに引っかかるようなことは全くない。

キーボードの角度は背面の足によって3段階の「傾き調整」が可能ではあるが、キーボードの厚さがそこそこあるため、パームレストは必須アイテムになってしまう。

ただパームレストを使うことで手首への負担は軽減され、逆に長時間キーボードに向かい続けるのであれば、肩こりや疲れの軽減が大いに期待できる。

それからHHKB Professional HYBRID Type-SではBluetoothによる無線接続において電源を必要とするが、バッテリーは充電式でない。


 

キーボードに充電式バッテリーを内蔵してしまうと、キーボードの寿命がバッテリーに左右されることにもなるためこの仕様となった。

HHKB Professional HYBRID Type-Sを外に持ち出さなく、デバイス側にUSB-CのポートがあればUSB-C接続で常時通電はできる。
ちなみに、一般的なアルカリ乾電池による動作時間は約3カ月。

仮に外出先でバッテリーが切れてしまった場合、モバイルバッテリーを接続することでBluetooth接続も可能だ。

この記事のまとめ

世の中には多くのキーボードが販売されている。自分にぴったりのキーボードを見つけ出すのは『沼』でもある。

ここまで「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S」を紹介してきたが、熱心なファンがいることも納得できる最上級のキーボードだと再確認することができた。

仕事をする上で、最上級のパフォーマンスを発揮するのであれば、仕事道具にはこだわりを持ったほうがいい。プロのアスリートがシューズ等にこだわるように、プロとして仕事をしているのだからキーボードに投資するのは至極当然の発想。

最高のキーボードであることは間違いない。興味を持った人は是非、手にとって確かめてみてほしい。

2020年5月28日、待望のmacOS版が「キーリマップ」機能がリリースされている。これまでMacユーザーがキーリマップをしたければ「Karabiner-Elements」などを利用する必要があったが、今後は公式ツールで変更できるようになったため追記しておく。

HHKB公式サイト

ライフハック 作業環境

2020/10/8

【テレワーク】zoomオンラインのためのデスク環境と周辺ガジェット

2020年は新型の感染症の影響で、生活習慣が次第に変化しました。そのため自宅のデスク環境を整備し、オンラインスタイルに対応中!! 新型感染症の拡大で急激な生活習慣の変化が始まりましたね。 「身辺に危機感はない」ものの「とりあえず作業環境の整備」ということでデスク廻り構築中!! 【格安ワイドビンテージ仕上げ】LOWYAパイン材無垢の作業デスク 単なるzoom会議程度のものであれば、ノートパソコン1台あれば問題なく作業可能である。 しかし、私の場合は、zoomを使ったオンラインの研修がメインとなるため、何を差 ...

ReadMore

ガジェット 買って良かったもの

2020/10/8

【満足度頂点】HHKB Professional HYBRID Type-Sレビュー

キーボードは適当なものではなく高級キーボードを選ぶべきである。「デスク」や「椅子」を最適化していくように、その違いは100円ボールペンとモンブランくらいの違いがある。表面に出ない効果まで含めると雲泥の差として現れる。 プロ利用者による評価が非常に高い高級キーボード「Happy Hacking Keyboard」を遂に使い始めた。ほんの数日使っただけでその存在感を実感。スペシャリストが研ぎ澄まされた道具を選ぶ理由がよくわかる。 【結論】高級キーボードはただのキーボードではない パソコンとともに多くの時間を過 ...

ReadMore

ライフハック 腕時計

2020/10/8

【オーデマピゲ・ウブロ】現金持つより高級腕時計【60分割でも無金利】

高級腕時計は1本は持っていた方がよいと思う。所有して初めてわかる世界観が尊いし、それを体験できる人間はごく一部だ。 話題の高級腕時計であれば、無限に予算があったとしても簡単に買えるレベルの競争率ではない 先日スーツを新調するためにため出向いたら、店員に腕時計について声をかけられた。 雑誌に掲載されていモデルに似ていたらしく気になったらしい。さすがアパレル産業の人はこの辺り敏感です。 そもそも高級腕時計に必要性はあるのか【時計というよりアクセサリ】 長い間ロレックスが腕時の世界シェア1位であった。 そして今 ...

ReadMore

パソコン・周辺機器 買って良かったもの

2020/10/8

【本気の選択ならBTO】結果を出すためのパソコン選び

オリジナルのパソコンを組み立てて、自分だけの快適なパソコン環境を手に入れてみたい。そんな時、趣味の工作としてなら自作パソコンだが、最短で確実に動作する構成でかつ最安値で手に入れたいのであればBTOパソコンがお勧めとなる 自分が理想とする性能を追い求めたスペックを搭載したパソコンを手に入れるには、BTOパソコンか自作パソコンということになる。 パソコン初心者を脱却し、最先端テクノロジーの世界に飛び込む確実な手段はBTOパソコンだ。 企業研修もリモートワークにスイッチ あらゆるものがリモートワークに変わってき ...

ReadMore

© 2020 タイムラボ