今ちゃんの「実は・・・」(11月28日)芦屋マダムが憧れる天国フレンチ!

フレンチ!

Sponsored Link

今ちゃんの「実は・・・」芦屋マダムが憧れる 天国フレンチ! アジアNo,1三ツ星レストランで修業したシェフの名店は実は・・・
 
 

今ちゃんの「実は・・・」(11月28日)の内容

きっと役立つ、いざという時の勝負店!芦屋マダムも首ったけ!芦屋グルメは実は・・・。
 
 
創業4年の潮芦屋温泉SPA水春で教えてもらった名店は「メゾン・ド・タカ」であった。
 
 
男性だけではなく、女性も何人もが推奨する店である。高山シェフがやっている店であるが、行ってみると結婚式場もしくはお城のような建物で、確かに敷居が高そう。

 
 
しかし、ドレスコードもあるが、男性はハーフパンツ・サンダルはNGであるがそれ以外はOKで、決してそれほど気位が高いわけではなさそうである。果たして料理は?
 
 

Sponsored Link

今ちゃんの「実は・・・」(11月28日)を見て感じたこと

「メゾン・ド・タカ」は最高の料理、最高のサービス、最高の施設を提供する最高級の店で日本では数十件しかないような店である。
 
 

高山シェフは年齢は41歳でまだ若手のうちである。

 
 
しかし、フランスの三ツ星レストランで修業し、フレンチの世界大会「ボキューズ・ドール」で5位に入賞し、さらにはアジアNo,1ン℗℗称号を持つシェフである。
 
 

料理はお任せのみであるが、例えばキノコのスープは、出汁を取ることのみに贅沢にも、マッシュルーム3kgをじっくり煮込んだ出汁を使っている。

 
 
メインはフランス産シャラン鴨とフォアグラのバーガースタイルなど、料金は8300円~。
 
 

料理やサービスの内容から見て決して高くは感じないが、別店舗にあるリーゾナブルな惣菜店も魅力である。
 
 

Sponsored Link

今ちゃんの「実は・・・」(11月28日)まとめ

フレンチと言うとどうしても、肩ひじを張り、身構えがちであるがこの店はそれほどでもない。
 
 
料理は超一流でサービスも一流、店の雰囲気やつくりも一流であるが、10000円までで料理を楽しめるのは嬉しい。
 
 

テーマの通り、「いざという時のための、勝負店!」である。

Sponsored Link