1. TOP
  2. 深大寺のだるま市 2017行く前におさえる心得!日程や混雑状況は?

深大寺のだるま市 2017行く前におさえる心得!日程や混雑状況は?

イベント この記事は約 6 分で読めます。 490 Views

深大寺のだるま市2017。行く前におさえる心得

 
 

毎年梅が咲くころに賑わいをみせる深大寺

江戸時代より続く由緒ある伝統行事であり、10万人もの人が境内に詰めかけます。

そして、威勢の良い掛け声が響き渡る中で売り買いされる“だるま”。
 
 

ご存知ですか?

深大寺だるま市
 
 

縁起物であるだるまは、古くから広い地域で親しまれていて

全国各地でだるま市が開催されています。

その中でも、日本三大だるま市として知られるのが群馬高崎、富士、

そして深大寺!

300店を超える露店が、競い合うかのようにだるまを並べて売る様は

冬の終わりを告げる風物詩となっています。

だるまで真っ赤に染まる境内と、威勢の良い声で

人々の気分は高まり、春の訪れを感じさせるのです。

そんな深大寺だるま市を訪れる際、知っておきたいことがいくつかあります。

だるま市の基本情報から

だるまの買い方や、だるま市の楽しみ方をご紹介します。

Sponsored Links

深大寺だるま市、開催スケジュール

開催日:毎年3月3日・4日の2日間(紅梅白梅が見ごろ!)

時間 :9時~19時

内、だるま開眼(深大寺僧侶による開眼)と護摩祈願は9時~17時

護摩祈願は、10:00、11:00、12:00、13:00、15:15、16:00で申し込み可能。

ただし両日とも14:00より百味供養、お練り行列、元三大師御影供、

大護摩供奉修の為一般の方は入堂不可

申し込み自体は可能で、ご祈願は各15分前までの申し込み

だるま開眼については、17時以降にだるまを購入しても参加できない可能性あり

 
 

僧侶の方に開眼してもらえることはとても珍しいため

深大寺だるま市の大きな魅力の一つでもあります。

せっかくなので、開眼してもらいたいですね!

 
 
しかし、だるまを購入するにも

とにかくだるまだるまで、

アッチにしようかコッチにしようか、サッキのもう一回見たいけどドレだった?

とわからなくなるものです。
 
 

お値段は基本的には大きさに比例することが多く

小さくて安いものは数百円。

大きくて高いものは一万円を超えるものまであります。

同じ大きさでもお店によって値段が違うことも。

300店以上が連なっているので、

時間に余裕を持ってじっくり見て回ることがオススメです。

 
 

Sponsored Links

そして、縁起物であるだるまですから、やっぱり御利益も気になりますよね。

初めてだるまを購入する際は、小さめのだるまがオススメです。

それは、次に購入する際、前のだるまよりも一回り大きいもの(高いもの)を

買うと縁起がいいと言われているから。

なので、すでにだるまを持っている人は持っているだるまを基準に

より大きいもの(高いもの)を選ぶということです。
 
 

また、購入する際は、値切って購入すべし!!!

値切れば値切るほど、だるまさんの御利益も上がるんだとか!!!

なるほど~だから威勢の良い声が飛び交うわけですね、だるま市。

なんと、だるま市では値切り交渉を前提にして、値段を少し高く設定してあるそうです。

 
 
値切り交渉が得意な身からすると、なんとも楽しいお祭り!と感じますが

もちろん必須ではないので、値切るのが苦手な方は気負う必要はありません。

 
 
お店によっては、購入しただるまの背に願いを書いてくれるサービスもあるようです。

そしてもう一つ、じっくり見て回って自分の表情に似ているだるまを探すのが

だるま市での通だそうですよ!

さて、だるま選びの他にもう一つ、深大寺だるま市の見どころがあります。

それが

「お練り行列」と

「元三大師御影供(がんざんだいしみえく)」。

(3、4日両日とも14時開始)

神楽衆を先頭にして、高僧が境内を練り歩く様子を見ることができます。

その厳かな雰囲気は、まるで平安時代にタイムスリップしたかのよう。

このメインイベントを迎え深大寺だるま市は最高潮の盛り上がりを見せます。

この時間帯が混雑具合もピークに達するので、

露店を満喫したい方は、それまでに買物を楽しんでおくのがオススメです。

ちなみに露店はおよそ300店ほど。

名物のだるまはもちろん、温かい食べ物、飲み物などバラエティー豊かで

食べ歩きながら楽しめます。

(近くにコンビニやATMはございませんのでご注意下さい)

Sponsored Links

深大寺へのアクセス情報

■所在地■

〒182-0017
東京都調布市深大寺元町5-15-1

TEL:042-486-5511
(対応可能時間 : 9時~17時)

◆電車・バス◆

●京王線「調布市」「つつじヶ丘駅」下車

●JR中央線「三鷹駅」「吉祥寺駅」下車

→深大寺行きバス「深大寺」下車 徒歩1分

◆車◆

●中央道「調布IC」→国道20号を新宿方面に直進

→「下石原交番前」交差点を左折→その道(武蔵境通り)を直進

→「深大寺入口」交差点を右折し、500mほどで深大寺の参道入口に到着

だるま市開催中は深大寺通りが10:00~16:00まで一方通行になり、

三鷹通りからの進入は禁止になります。

周辺道路、駐車場も非常に混雑します。

なるべく公共交通機関を利用して行くことをオススメします。

Sponsored Links

まとめ

深大寺といえば、深大寺そばが名物ですね。

そして、深大寺のある調布市には、人気の観光スポット「鬼太郎茶屋」もあります。

深大寺だるま市に行かれる際は、深大寺周辺を散策してみてはいかがでしょうか。

それにしても、だるまサンをこんなに呼び捨てにしたのは初めてでした。


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • しばれフェスティバル2017!服装に日程や見所チェック!

  • 高幡不動尊の初不動(だるま市)で開運!土方歳三の菩提寺は利益満点!

  • 八戸えんぶり2017の日程と見どころ!会場や歴史楽器について!

  • さっぽろ雪まつり2017を10倍楽しむ!日程や穴場の時間帯は?

  • 東京マラソン2017が開催!招待選手と豪華すぎる賞金や副賞は!?

  • 広島カープ優勝セール2017の店舗はどこ?東京など関東圏も調査!