テレビ朝日 国内ドラマ 木(Thu)

科捜研の女Season19 !無料動画配信サービス【テレ朝ドラマ】

テレビ朝日開局60周年記念!
4月18日から1年間放送!

最新の科学捜査テクニックと豊饒な人間ドラマに四季折々の京都をプラス!

放送テレビ局:テレビ朝日
放送期間:2019年4月18日〜
曜日:毎週木曜日
放送時間:20:00〜
主題歌:「Blue Rain」 今井美樹

【科捜研の女 Season19 】の「放送を見逃してしまった」

「途中から見始めたけど、1話から見たい」と過去の再放送から見たいときもありますよね。

こんな時、見逃し配信などの動画配信サービスはとっても便利です。

科捜研の女Season19 !無料動画配信サービス【テレ朝ドラマ】


見逃し配信バナー

月額1,990円(税別)、無料お試し31日間
>> まずは無料でお試し!
 
日本最大級の動画サービス!公開・放送されたばかりの新作も充実!スマホやPC、TVでも視聴可能!
U-NEXTは毎月1,200ポイントがチャージ!劇場公開から間もない最新作映画や放送中のドラマやアニメなどのレンタルはポイントを使って2作品まで無料で視聴できる

U-NEXTは、映画、ドラマの配信数が多い動画配信サービスです。

U-NEXTに登録すると「科捜研の女 Season19」を1話から最新話まで見放題で視聴できます。見逃した場合でも、過去にさかのぼって視聴が可能です。

第1話から視聴できるのは、U-NEXTだけです。

【科捜研の女 Season19】のあらすじ

1999年10月からの1クール放送でスタートした「科捜研の女」は、2011年10月からの「season11」で初めて2012年3月までの2クール放送に。
 
 
その後は「season13」(2013年10月~2014年3月)、「season15」(2015年10月~2016年3月)、「season16」(2016年10月~2017年3月)、「season17」(2017年10月~2018年3月)と2クールでの放送を行ってきました。
 
 
長い歴史を積み重ねてきた「科捜研の女」は、2019年には放送開始から記念すべき20周年を迎えます。そして同年は、テレビ朝日の開局60周年。

春・夏・秋・冬の4クールに及ぶ1年間の放送は、二つの節目を記念してのビッグプロジェクトとなります。
 
 

20年間にわたり主人公の榊マリコを演じてきた主演の沢口も「節目の年に大役のお話をいただき、心踊りました」と興奮気味。「作品への評価と受け止め、ご期待に添えるよう心して務めたいと思いました」と決意も新たにしてくれました。
 
 
京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、各々の専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描き、“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーを展開してきた「科捜研の女」。
 
 
1年間のレギュラー放送ということで、そんなドラマの魅力に京都の四季折々の情景がふんだんに盛り込まれていくことでしょう。
 
 
2019年4月からスタートする「テレビ朝日開局60周年記念 木曜ミステリー 科捜研の女」。2020年3月まで京都を舞台に続けられるマリコら科捜研チームの活躍にご期待ください。

【科捜研の女 Season19】の基本情報

原作

スタッフ・キャスト

沢口靖子:榊マリコ
内藤剛志:土門薫
若村麻由美:風丘早月
風間トオル:宇佐見裕也
金田明夫:藤倉甚一

【科捜研の女 Season19】ネタバレあらすじ

【第1話・ネタバレあらすじ】

兵庫、和歌山、大阪で3人の女性を絞殺した新木田が大阪府警に逮捕されたが弁護士との接見中に逃走、京都駅の防犯カメラで発見され捜査協力を命じられた京都府警の榊マリコたち科捜研が防犯カメラ映像の分析を開始。

京都市内の置屋で芸妓の鶴藤の遺体が見つかり絞殺の可能性があるが防御創がないことに榊マリコは疑問を持つ。

そして現場から逃走中の荒木田の下足痕が見つかり科学警察研究所の主任、橘つかさも鑑定に加わり、マリコと風丘早月先生の検視結果で鶴藤の死因は窒息ではなく胸部圧迫による心破裂の可能性があると分かる。

橘つかさとマリコが鑑定結果で対立しながら2人は置屋で鶴藤とまめ房が口論となり鶴藤が顎をぶつけた事で脳幹損傷で脳死状態だったところに女将が助けようと人工呼吸をした後に荒木田が首を絞めた事が分かり事件が解決する。

最後まで目が話せず最新技術も登場して面白かった。(女性40代)

【第2話・ネタバレあらすじ】

姿を見せない画家が殺されました。

評論家の女性は、その画家の学生時代を知っており、15年ぶりの再会ということでした。

しかし、捜査を続けていくと、驚くことに、この画家は弁当屋のアルバイトに過ぎない人物で この女性をだましていたということが判明しました。

それでは犯人はいったい誰なのでしょうか。 弁当屋のアルバイト仲間のうち、金属アレルギーで、手がかぶれた男性がいました。

その方が犯人かと思いきや、現場に入ったもののすでに殺害されていたといっていました。 描かれた絵の下には何が書かれていたのでしょうか。

削っていくと、元の絵がわかり、そこには犯人の血も突いていることが判明しました。 何とレストランのスタッフが犯人だったのです。(男性40代)

【第3話・ネタバレあらすじ】

カナダから科捜研の元研究員が凱旋帰国しました。

しかし、同じ日にカナダから帰国してきた研究者の男性が射殺され遺体で発見されました。 何と、2人は友人関係で日本でも会う予定でした。

カナダ人の教授が怪しげな言動をしますが、犯人特定には至りません。

どうやら論文のねつ造疑惑が関連しているようでした。 不思議な心理カウンセラーも現れますが、決定打とはなりませんでした。

ねつ造疑惑の合った論文を見ていくうちに、元研究員にかかってきた留守電の声紋鑑定をしていくと、犯行現場が特定できました。

犯人は心理カウンセラーではなく、人間の人気を株に例えて、大損をした税関職員だとわかりました。

税関職員の一方的な報復劇だったのでした。

【第4話・ネタバレあらすじ】

絵本作家早乙女由子が、何者かに頭部を殴られて殺害された。由子は心臓に持病があり、2ヶ月前から入院していたが、事件当日は事件当日は昼から一時帰宅していたようだ。

臨場していた榊マリコらは、部屋にうずくまっていた由子の愛猫ももちゃんを発見。

殺害現場を見ていたであろう、ももちゃんに付着していた微物を調べてみることに。

その矢先、以外な事実が浮上する。駆けつけた弁護士によると、由子は余命宣告を受けたのを機に、全財産8億円をももちゃんに相続するという遺言を残していたというのだ。

それは「負担付死因贈与」という贈与契約で、由子は「ももちゃんの世話をする。」と言う条件付でペットシッターの稲葉剛に遺産を全て譲る契約を交わしていたらしい。

由子を殺した犯人は絵本の編集者水野だった。

稲葉さんは結局起訴猶予になった。でも、遺産は受け取れなかった。

でも、ももは彼が飼うことになった。亡き先生との約束だから。

【第5話・ネタバレあらすじ】

5話では京都に観光旅行をしていたらしいアメリカ人の男性リチャードの焼死体が廃倉庫で見つかった。

リチャードが持っていた50年ほど前の古い写真には日本人青年二人、日本人少女人が映っており、警察はこの人物を突き止めた。

この3人はリチャードが50年ほど前にベトナム戦争から逃げ出した時に日本にリチャードをかくまい一緒に楽しく過ごした仲間だった。

過去にリチャードと関係のあったこの3人がリチャードを殺した容疑者として浮上するが、真相はリチャードは誰かに殺されたのではなかったということだった。

ベトナム戦争の時のトラウマを現在も抱え、心理的に脅かされており、未だにPTSDに苦しんでおり、亡くなる直前も紛争のニュースを見て、発作を起こし、医者に処方されている薬を飲み、朦朧としてさまよい、燃えている倉庫に入ってしまったというのが事件の真相であった。

今回は普通の意味での殺人事件はなかったが、間接的に戦争が人の命を奪うことになった点で大きく見て殺人事件ともいえる奥深い内容であった。

【第6話・ネタバレあらすじ】

後妻業の森聡美の夫である、資産家の森留蔵が死んだ。

病死を主張している聡美だったが、その死に疑問をもつ榊マリコは、科学の力で事件の真相に迫る。

聡美は過去の3件でも夫の不審死によって、これまでも遺産を手に入れて、悪女という批評を受けていた。

事件の捜査を進めるなか、聡美とマリコはお互いの価値観の違いもあり対立する。

聡美がマリコに対して「あなたはブスね」と暴言を吐き、対するマリコはそれをものともせず、自身の仕事や生き方に誇りをもって真実にたどり着く。

現場にあった「かりんとう」を手掛かりに、真犯人は3番目の夫の娘であることが判明し、彼女は父親の仇を討とうとかりんとうに毒を仕込んだが、聡美ではなく留蔵が食べたことによる死であった。

やがて、聡美の夫の連続不審死について、警察は再捜査に乗り出すのであった。

【第7話・ネタバレあらすじ】

和歌山県のアドベンチャーワールドで休暇を過ごす、榊マリコ・橋口呂太・涌田亜美の3人が、女の子の誘拐事件に巻き込まれ、事件解決に向けて動き出す。

パンダが好きな彼女は笠倉桃香といい、パンダのポーチを落としてしまったことから、指名手配犯である新浜陽一とともに、パンダのポーチを探し出していることが判明。

京都に残っている日野所長・宇佐美と連絡を取り合い、その途中、和歌山の一匹狼の刑事・熊谷と出会う。

彼は、事件の大小に関係なく、被害者のために動くという、京都府警の土門刑事と共通している点があり、科捜研と共同で捜査に乗り出す。

無事に桃香を救助するが、途中、熊谷は新浜をわざと逃がす。

また、桃香とともに行動していた新浜は京都にたどり着いたが、何者かに殺害されてしまい、次回に続く。

【第8話・ネタバレあらすじ】

指名手配犯が和歌山から京都に帰宅した直後に暗殺された。

捜査を続けていると、何だか腑に落ちない点がいくつかあることに気づく。

階段でもみ合った際に転落した被害者の傷跡が、実験の結果と違っていたのだ。

どうやら、指名手配犯と2人の被害者は、実はグルだった。2人の被害者を探していると、姿をくらましていることが判明する。

そのうち、1人は港で殺害されていた。探していたUSBメモリーが発見されるとともに、真相がわかってきた。

子供の頃にお世話になった食堂の経営者夫婦が自殺した件で、警察のお偉方と議員が絡んでいて、土地を買収し、ホールを作る計画を練っていたというのだ。

このことに怒りをあらわにした最後の仲間がホールの爆破計画を立てて、実行しようとしたものの、間一髪間に合い計画は未遂に終わったが、真相が暴露された。

【第9話・ネタバレあらすじ】

音響研究所内での行方不明者を探していると、今日の17時までに探さないと爆発物を仕掛け多数の被害者が出るという脅迫状が届いた。

その内容から、神社や南禅寺の池を捜索するものの爆発物は出てこなかった。

人があまりいない場所に、爆発物を仕掛けてもあまり意味がなく、怪訝そうな顔をしながらの捜査が続いていくうちに、3件目の嵐山の竹林に行きついた。

ここで、行方不明者の彼女で助手の女性が、一連の事件のシナリオを描いていたことが判明した。

何と行方不明者は殺されており、犯人は同じ研究所の男性で、捜査協力者だったことが判明した。

借金があり、行方不明者に濡れ衣を着せたことが判明し、口封じのために殺したということだった。(男性40代)

【第10話・ネタバレあらすじ】

寿司職人が殺害された。 どうやら、ホテルの出店の権利関係でもめたようだ。

最初のうちは落選した職人がその腹いせで殺害したのではないかとおもい、捜査が進んだもののうまくいかなかった。

寿司職人養成学校の関係者が怪しいのは確かなのだが、なかなか進展しなかった。 そんな折、校長の作った寿司が怪しいとわかるが、校長は寿司を作ったことは認めるが殺害は否認したままだった。

校長のネームプレートからからしの成分が検出され、別の寿司職人が浮上した。

結局、すし屋の出店の権利を巡り、当初は権利を勝ち取ったものの、判定を覆されそうになって逆上して犯行に及んだことが分かった。

頑固おやじのやり方に振り回された結果としか言いようがない結末となった。

【第11話・ネタバレあらすじ】

嵐山のお寺で住職が亡くなっているのを寺を掃除しに来た5人の檀家が発見する。

この寺は前の住職が亡くなったあと後継ぎがおらず、別の寺の住職が時々来るのであった。

住職が殺されたのと同時に寺から重要文化財の仏像が無くなっている事が分かる。

鑑定を開始したマリコ達は、住職に付着していたグリーンの物を防犯カメラから探し出し、目ぼしい男を見つける。

また、ゲソ跡から犯人がだどったと思われる場所を回るが、それは、保津川下り、馬車、嵐山トロッコ列車と、どれも京都観光に訪れる場所出会ったり乗り物であった。

犯人は仏像を盗んだ後に京都観光したのか?

その話をマリコから聞いた土門は、ある事に気づく。船の出国だとチェックが緩い事に。

海外に持ち出して仏像を売るのではないか、という事に。

そして、そのような船がないかを調べたところ、舞鶴からまさに出港しようとする京都ツアーの組まれたクルーズ船があった。

舞鶴へ向かう土門やマリコ達。そしてそこで出港前ギリギリの所で仏像を無事発見、犯人を逮捕するのであった。

【第12話・ネタバレあらすじ】

男性がナイフで刺された。 どうやら半グレの男が犯人のようだ。

しかし、接点が見当たらない。 捜査を進めていくと、被害者は臨床検査技師で、犯人は特殊な抗体をもっており、その血液を入手するために会っていたということがわかってきた。

数年前の大阪で起こった殺人事件も絡んでいるようだ。

その事件をネタに、血液を提供するように交渉していたようだ。

半グレの男は血液提供に素直に応じていたようだ。 しかし、何らかのトラブルがあり、刺したのではないかと思われていた。

被害者男性は犯人を見ていないが、香水をかいだと供述してきた。

その香水から真犯人は半グレのボスだということが分かった。 この事件だけでなく、大阪の殺人事件の犯人もこの男だったのだ。

【第13話・ネタバレあらすじ】

科捜研のお茶博士と呼ばれる宇佐美が休憩中の仲間にお茶を振る舞う中、宇治川のほとりに遺体が発見されたと連絡が入り、マリコたちは現場へと向かう。

遺体は、宇治茶の老舗「久住茶寮」の職人、橋本と身元が判明し、検視によって死因は鈍器によって頭部を殴打されたことによる急性硬膜下血腫とわかる。

ただ、殴打されて死亡するまでに一時間程度かかったと推定され、襲撃された場所が別の場所と考えられ、マリコたちは、遺体のズボンに付着した茶葉から場所の特定を試みる。

一方、土門らの聞き込みから、久住茶寮の主人、久住とその妻の証言から元職人の角倉が捜査線上に浮上する。

そんな中、久住が自身でブレンドした茶葉を出品する「宇治茶グランプリ」の会場に角倉が姿を現し、防犯カメラ映像から嫌疑がかかります。

茶葉を調べたマリコは、久住の味覚障害を指摘し、角倉と被害者となった橋本の関係性を明らかにし、真犯人を明らかにしていきます。

【第14話・ネタバレあらすじ】

医者一族の祖父が殺害された。相当な堅物だったようだ。

捜査を進めていくと、家族も知らない間に葬儀契約書なるものを書いていたことが判明した。

この業者のトップの女性が怪しまれるが、核心部分にはなかなか至らなかった。

祖父の部屋にマニキュアのかけらが落ちていて、それが孫のモノだと判明した。

孫を調べてみると、部屋の正面に会ったカエルの置物の向きに着目すると、隠し扉だったことが判明した。

ここから葬儀屋の女性が出入りしていたのだが、祖父は先に亡くなっていたと供述している。

さらに調べていくと、葬儀契約書が1枚抜き取られていたことがわかり、筆圧などを調べていくと、赤いピンヒールが証拠物件であることが分かった。

このピンヒールについていた指紋から家政婦が犯人と判明した。

なお、このピンヒールは浮気相手のモノではなく、ラジオ番組の賞品であることも判明した。

どうやらこの祖父は堅物なのは演じていただけだったようだということも分かった。

【第15話・ネタバレあらすじ】

今回の被害者はぬか漬けの女神の旦那・森本純一。

奥さんの雪絵に死亡を伝えに行くと「夫の話はあとにしませんか?」と顔色一つ変えない。

鑑定結果、死因は脳挫傷、指紋鑑定は第一発見者の三島専務のもののみだった。

森本の会社では社員が売れていないぬか漬けキッドを使用してマイぬか床を作っていることが分かり、一人ひとりの成分分析をした結果、一致したのは柳原彩花のもので、柳原が森本の愛人で会ったことが判明したが殺しは否定。

柳原は森本が雪絵とライセンス契約で揉めていたことを土門に話す。

そして被害者の頭部外傷は直径14cmのスキレッドによる傷であることが判明。

マリコはルミのSNSにアップされていたぬか床を調べてみると中から凶器のスキレッドが見つかった。

雪絵のアシスタントの野村を取り調べて雪絵が森本の部屋から出てきた後、森本が死んでいるのが分かりとっさにぬか床にスキレッドを隠したことが判明。

その時スキレッドにはハンドルカバーがついていたことを思い出す。

ハンドルカバーを鑑定した結果一致したのは三島専務であった。ライセンス契約の見直しで「ぬか漬けをやめたい」と森本が発言したことが事の発端であったのだった。

【第16話・ネタバレあらすじ】

風丘先生がエレベーターで拳銃を持っている人を見つけて、追いかけたら立てこもりされることに。

防犯カメラの位置に座って科捜研にメッセージを送るために、口を動かして伝えた。犯人の数や立てこもりの人数を知らせた。

科捜研は風丘先生の行動に必死に応えようとする。

窓から銃をめがけている人たちを見つけたので、窓を閉めらように伝えたこもりけんいち。

あえて窓を少し開けておいたことで、サーモグラフティーなどの映像が見れるようになり、音声等も聞き取れた。

糖尿病でインシュリンをしている館林さんだけでも解放してほしいと頼むが、無理だと断られ、そんなことを言うなら撃つぞと言われた風丘先生。

発砲され、花瓶が割れた。その音をよか聞いたり、熱源を調べると鉄砲に熱源がないことが分かり、モデルガンであることが発覚。そのおかげでさっとが突入して、人質を解放することが出来た。

人の命の尊さを知っているからこそむちゃなことをした風丘先生。

だが、立てこもりをした理由を問うと、単独犯ではなく、こもりけんいちが立てこもり犯を演じる必要があった。

それは館林さんのせいで仮想通貨を失ったことが原因で、仮想通貨を損した被害者たちが競合して、ログイン情報を聞き出そうとした。

風丘先生だけが、罠に引っかかってしまった。全員逮捕になった。

【第17話・ネタバレあらすじ】

銀行強盗をした3人組がいた。逃走している最中にハンドル操作を誤り、車のタイヤをパンクさせてしまった。

その原因を作った子供を人質に取り、家に押し掛ける際に、榊さんとすれ違う。ニュースで銀行強盗が逃走中ということを知る。

どうやら犯人は爆発物を所持しているようだということも判明した。他の課の刑事とともに捜査が始まった。

なかなか進展しないまま、突入するのかどうか、試行錯誤しながら犯人と接触していくうちに、爆発物は本物であることがわかり躊躇しだす。

しかし、一刻を争うということでついに突入することになり、犯人との攻防が始まるが、犯人が撃った弾が土門さんに当たる。

犯人を取り押さえることが出来ないまま、次回へ続くことになってしまった。

【第18話・ネタバレあらすじ】

逃走中の銀行強盗の3人の内の2人が少年を人質にして再び、逃げる。玉城班長は、現場突入に失敗した件と銃の管理不行届きを咎められる。

逃走している男が阿部という名前だと運転免許証の復元から判った。

土門は3人の犯人以外にも預金が3000万円あることを知っていて手引きをした人間がいると主張する。

土門は犯人と同じマンションに住んでいる行員が、銀行に現金を持ち込むことを知っていた。又、タイヤ痕から犯人が逃げた車が特定された。

宇佐美はろ過砂の分析から関西塗料会社が特定された。玉城らは工事現場に犯人がいたのがわかる。

杉原の父親が犯人と電話で話すと、マリコが自分は警察じゃない看護師だと言い、代わりに人質になると言う。マリコの機転が、やがて奏功する。

犯人はマリコに血糖上昇作用のあるメルカゾールを手に入れるように言う。

マリコは風丘に病院から薬品を手に入れるように頼み、人質と交換をしようとするが、杉原の父と犯人が格闘になり、杉原がナイフで刺され倒れる。

薬はアンプルが割れてしまう。そしてマリコが捕まり犯人は逃走する。

しかし阿部の兄が低血糖の発作に襲われる。マリコは薬を入手しようと診療所に行き、マリコが薬を注射して兄を救う。

弟は兄を置いて逃げるというと、土門が踏み込むが、マリコが犯人に喉元にナイフを突きつけられる。土門と玉城は銃を捨てる。

しかしマリコが注射器で犯人の足を刺すと、犯人が銃を発砲するが外れ、玉城が銃で犯人の足を撃ち逮捕する。阿部と杉原は仕事で関係があり、阿部に杉原が銀行に金があると伝えていたことがわかる。

息子が人質になったのは自業自得だった。玉城の愛人は玉城班長に家庭を壊すつもりがなかったと言うが、玉城班長はいつでも離婚届けを書くと言う。

そして、環班長はマリコが同じマンションにいて良かったと言う。

【第19話・ネタバレあらすじ】

刑事部長の幼馴染であり、共に警察官になって良き友良きライバルだった男は、今もいわゆるヒラであり、交番の巡査であった。

ある日、刑事部長がたくさんの部下を引き連れて部署の訪問をしたとき、その二人は再会し、人懐っこい巡査は、皆の前でトップの人間に友達のように話しかけた。

上司として話しかけるようにたしなめられた彼だが、その親しみやすさで街の人たちからも大変慕われていた。

そんなある日、夜の巡回に出ると、ある小さな倉庫の扉が半分開いており、それに気を止めた彼は中に入っていった。

そしてその次の朝、そこで他殺死体が見つかった。京都府警の鑑識課と科学捜査班が到着し、手際よく検証が始まったが、驚いたことに、押収されたものの中から、例の巡査の指紋と血がついたガラス製の麻薬の吸引パイプが見つかったのである。

嫌疑は当然巡査にかかった。巡査の友人であるだけに、心穏やかではない刑事部長。彼は、ひとりで暗闇の鑑識課へあることを確認しにいった。

ちょうどそのとき、同じことを考えてそこへ来たマリコと鉢合わせし、刑事部長はさすがにその立場と正義感から、捜査から外れることを自己申請する。

しかし、マリコは反対に、鑑識課出身の彼に実況検分の協力を申し出、彼らは真実をつかんで巡査の潔白を証明したのだった。

身分を越えた友情を確認し合う2人の姿が、私たちを暖かい気持ちにさせるエンディング。

【第20話・ネタバレあらすじ】

本a城雄作(尾崎右宗)という男性の部屋で本人の遺体が発見された。

雄作は何らかの凶器によって刺されていた。榊マリコ(沢口靖子)と科捜研のメンバーが現場に到着すると、2台の鉄道模型が走っていた。

雄作はおもちゃコレクターだった。殺害現場で発見された電車のおもちゃの指紋から、マリコ達は“おもちゃ診療所”のドクター久保井俊平(西村まさ彦)の元にたどり着いた。

雄作の部屋に出入りしていた少年の証言によると、電車のおもちゃは壊れていたはずだったのだ。

電車のおもちゃを治した人物がいて、マリコ達はそれはおもちゃ診療所の人物ではないかと考えて訪ねてみたのだが、久保井達は知らないと言う。

しかしおもちゃ診療所の人間の指紋を採取し鑑定してみたところ、電車のおもちゃを修理したのは久保井だった。

【第21話・ネタバレあらすじ】
本城テックの本城雄作が殺害されるという事件が起きる。

現場には、おもちゃのトラックのタイヤが落ちていた。マリコたちの調査により、久保井俊平に絞り込んだ。

久保井は、おもちゃ修理をしていた。久保井は取調室で経緯を説明する。さらに調査をすると、黄色いトラックには血液反応があった。

マリコは、ぬいぐるみを持ってきた。

そして、解剖を始めた。ぬいぐるみからは何も見つからなかったが、ほかのぬいぐるみも探すことにした。非破壊検査によって効率よく進んだ。

すると、緑色のぬいぐるみから、鋭利なヤスリが出てきた。

そのヤスリは、ジュエリー用の器具だった。マリコたちは、椎名小百合に話を聞くことにした。本城雄作を殺害したのは、椎名小百合ではなかった。

久保井は、椎名が殺害したと思って凶器をぬいぐるみに隠したのだ。

この記事のまとめ

国内の動画配信サービスの最大手といえば、U-NEXT。

14万本以上の動画が見放題となっていて、サービスは充実しておりコストパフォーマンスに優れています。

さらにU-NEXTについて詳しい紹介はコチラ

※当サイトで紹介している動画は、配信終了になる可能性もあります。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

動画配信サービス【無料でお試し人気ランキング】を一覧で比較

見逃したドラマやバラエティ、またはバックナンバーなんかが見たくなる時ってありますよね。 そんな時は動画配信サービスがとっても便利。面倒な手間もありません。 レンタルとは違い、借りに行ったのに貸出中!? ...

続きを見る

高速モバイルWiFiが自宅はもちろん移動中でも使えて超快適

固定回線では、自宅など配線のつながった特定の場所でしかインターネットが使えませんがモバイルWiFiならどこでもインターネットが可能!

ドコモのXi(クロッシィ)電波は全国エリアで使える、完全定額2,800円(月額)~のお得なモバイルWiFi

通勤電車の中や、お気に入りのカフェ、公園で、今までよりさらに自由にインターネットが楽しめる。
 
>> モバイルルーター【C mobile】
 

高速データ通信 繋がりやすいXi電波

速度は下り最大150Mbps。ドコモのXiR(クロッシィ)電波を利用しているため、
どこでも無線でインターネットができる大変便利なサービスです。

工事もプロバイダ契約も不要

簡単な手続きだけで、すぐにインターネットがご利用可能です。別途プロバイダ契約も不要。
メール・セキュリティなど充実したオンリーサービスオプションもご利用可能です!

アプリ・ゲーム・動画などもサクサク!!

スマホ・タブレットでアプリを存分に楽しめたり容量の大きなメールもスイスイ送れます。

もちろん高画質にHD動画も快適に楽しめ、今のインターネット回線から乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。
 

 

Copyright© 動画配信サービス比較サイト!見逃し・バックナンバー見逃し無料フル視聴 , 2019 All Rights Reserved.