1. TOP
  2. 春日井物流サービスの炎上騒動!ネット社会と車社会ダブルで怖い。

春日井物流サービスの炎上騒動!ネット社会と車社会ダブルで怖い。

ニュース この記事は約 6 分で読めます。 1,811 Views

春日井物流サービスの炎上騒動。ネット社会の怖さと車社会の怖さ、ダブルで怖い。

ツイッターでの発信が原因で、炎上騒動が起きている。

よく聞く話ではあるけれど、この件は

いろいろ気になる点が多いから詳しく見ておきたい!

春日井物流サービスって

ということで、今炎上騒動になっている春日井物流サービス。

ことの経緯はこう。

2016年12月2日 10:30頃

ドライバーが踏切で一時停止をした際に
後続の春日井物流サービスのトラックがクラクションを鳴らす

踏切を渡り、次の交差点で止まった時に
後続の春日井物流サービスのトラックから男性ドライバーが降車

そして、以下のようなやり取りが開始されます。

(後続の春日井物流サービスの男性ドライバーを男性、
前のドライバーをドラと表記します)

Sponsored Links

男性:降りてこい!
(男性がドアをガチャガチャと開けようとする)

ドラ:やめてもらえますか、警察に通報するんで
(男性が金属製の棒で窓ガラスを小突く)

男性:なんだあの急ブレーキは!

ドラ:なんでクラクション鳴らすんですか

男性:降りてこいっての

ドラ:踏切ですよね、なんでクラクション鳴らすんですか
(青信号になったため男性が窓ガラスを金属製の棒を叩いてトラックに戻る)

ドラ:おい!

男性:はやくいけ!

男性ドライバーが持っていたと思われる金属製の棒は

おそらくこちら。(もしくは類似品。)

Sponsored Links

怖すぎます。
こんなの持ってドアガチャガチャして窓ガラスを叩かれたら
もう怖すぎて動けません。

このやりとりの動画を撮影しツイッターにアップしたのは

上の“ドライバー”にあたる

前を走っていた(一時停止した)車のドライバーです。

そして、動画が拡散された結果、

トラックの男性ドライバーは、春日井物流サービスの人間ではないか。

と身元が明かされて、春日井物流サービスが炎上したのです。

ここまでの経緯で、皆さんはどう思いますか?

個人的には、踏切で一時停止するのは

安全のためであり、ルールでもあるので

その行為にクラクションを鳴らされたり

その後お叱りを受けるのって非常に怖いなって思います。

だって、踏切って高さもあるしある程度の距離からも

存在は気が付くはず・・・

踏切内で立ち往生なんて恐ろしい状況になりたくないから

無理くり突っ込んだりしないはず・・・

(空いている交差点を黄色信号でも行っちゃうよってのとは
ワケが違うと思いませんか?)

振り切り前での一時停止はルールであり、

皆が想定する動きなはず・・・

Sponsored Links

これらのドライバー皆の共通意識の元、道路は日々円滑に流れているのに、

そこに棒を持って責め立てられるなんて、

それが自分の身にも起こり得ると思うと非常に怖いです。

怖いよ、車社会。

だけれども、そんな一面とは逆に

自分が写っている誰かが撮影した動画が

自分の知らないところで、世にばらまかれるという怖さ。

プライバシーなんてあったもんじゃない。

怖いよ、ネット社会。

この炎上騒動、ある意味どちらも被害者であり加害者ですね。

結局、ドライバー(窓を殴られて動画をアップした側)は

通報し、うやむやにはしない姿勢を示します。

叩かれたことで欠けた窓ガラスの修理費は2.5万円程度。

ところが、春日井物流サービスは炎上という事態を重く受け止め

社長自らがドライバーに連絡して

修理費を全額支払うことになったようです。

2016年12月6日追記
2016年12月5日12時前に相手から電話があったとのこと。
社長から電話が来る予定だったはずですが
本人から電話が来たようです。

このように、修理費が全額支払われることになるまでも

納得のいかないやりとりがあったようですね。

春日井物流サービスは、
男性ドライバーに対してなんらかの処分をくだす意向があり、

本人から事情を聞いた上で処分内容を検討予定だそうです。

社長からは謝罪の言葉もあり、後日社長と話す機会があるのだとか。

その機会に、ドライバーは以下の3点について聞く予定と語っています。

■降車時にハンドルロックを持っていた理由

■急に支払う意向を見せてきた理由

■謝罪を意味するのは弁償なのか、直接対峙しての謝罪なのか。
また、謝罪文をウェブサイトに掲載するのか。

ここで再び思うのですが・・・

ドライバーの方は、よほど怖い思いをされたことと思います。

その後のやりとりにも納得がいかないのでしょう。

なかなか気持ちが収まらないのもわかりますが

相手側から謝罪や対応方法が示された上でも

ネット上での情報拡散を更新し続ける真意はどこにあるのでしょう。

そして、ドライバーがここまで怒りを露わにしているということは

急ブレーキだと棒を持って詰め寄られたその行為は

適正な一時停止だったという自信があるのでしょうね。

んじゃなぜ、後続の男性ドライバーは暴力一歩手前の暴挙に出たのか・・・

Sponsored Links

まとめ

車もSNSも

自分がいくら気を付けていても

もらい事故ってあるのですよね。

今回のように、両方の立場になってしまうこともよくわかりました。

なるべくならば、どちらの社会でもどちらの立場にならないよう

最新の注意を払って平穏に暮らしていきたいものです。

みなさんもお気をつけて。


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • キムハンソル(金正男長男)の投稿動画と現在画像を比べてみた!性格や家族は?

  • 成宮寛貴さんの過去から今までがやばい!謎が深まる違法薬物疑惑

  • 西村美紀がプロボーラー引退ってマジ?原因はホストと窃盗事件?

  • アスクルの倉庫火災でLOHACOは出荷停止!影響と復旧のメドは?

  • イタリアで織機にシバタ製針のメリヤス針が!海外で想定外の問題とは?和風総本家

  • 新元号はいつから始まるの?決め方や新元号予想も紹介!