緊急SOS!(11月18日)池の水ぜんぶ抜く大作戦〜大事件!3時間半スペシャル

池の水

Sponsored Link

バラエティ番組にはいろんな規格外の番組があります。

緊急SOS!(11月18日)池の水ぜんぶ抜く大作戦〜大事件!3時間半スペシャルもぶっ飛んだ企画で、タイトル通り池の水ぜんぶ抜いてしまうものです。

いったい何の目的で、そしてどんな展開になっていくのか?

緊急SOS!(11月18日)池の水ぜんぶ抜く大作戦〜大事件の内容

池の水をぜんぶ抜いて、その池の生態系やどんな生き物がいるのかを調査します。
 
 
そのあとに10トンも積載できるバキュームカーを使用して、その池に蓄積しているヘドロやゴミを一掃し、綺麗にする番組です。
 
 

外来種の専門家などを交えて、その池の生態系や危険な外来種の知識なども学ぶことができるコーナーとなっています。
 
 

池の水を抜いて中を調査しますので、思いがけないお宝やゴミの数々が飛び出して何が出てくるか楽しめます。

 
 

Sponsored Link

緊急SOS!(11月18日)池の水ぜんぶ抜く大作戦〜大事件の内容を見て感じたこと

日本の池の水をぜんぶ抜いて中に何があるのかを調査していると意外と在来種が少なく、外来種が数多く生息していることがわかります。

 
 
さまざまな生き物がどのな暮らしをしていて、環境にどのような影響があるのか楽しみながら学ぶことができてとてもいい番組だと思います。
 
 

また、意外とゴミが多いという点についても気になりますね。

この番組によって池の底にあるゴミがなくなるということは環境にとってもみている側にとっても依頼する人にとってもいいことだと思います。
 
 

また、見ている私にとってはおっきい外来種が出るとあんなのがこの日本にもいるんやと驚かされることが多く、見ていて楽しいです。

また、こう行った番組で外来種を池に放すということがなくなるとよいなと思います。

 
 

Sponsored Link

まとめ

この番組は池の水を抜いて外来種や在来種の知識を学ぶことができ、番組内でゴミやヘドロの除去も行われ、環境が良くなっていることがよくわかります。
 
 
視聴者にとっても池の周囲の人にとったも有益な番組であると思います。

Sponsored Link