1. TOP
  2. マクミラン彩は美人と話題のギネス認定員!公式認定員になるには?

マクミラン彩は美人と話題のギネス認定員!公式認定員になるには?

エンタメ スポーツ ニュース この記事は約 5 分で読めます。 507 Views

世界一と言えばギネス!

そんなギネスの認定員に美人すぎると話題の認定員がいます。
 
 
マクミラン彩です!
アレもコレも、あんなコトもこんなコトも「世界一」になれる可能性がある!
 
 

世界一と言われるモノやコトには地形や自然現象のほか、生物、建造物などいろいろな分野があります。
 
 
オリンピックやWBCなど“競う”ことで世界一を決める、そんなイベントも多くあります。
 
 
でも、地形や自然現象は人間が変えることはできませんし、スポーツ大会などはその道を究めたごく少数の人しか世界一になれません。
 
 
一方、もっと身近なところで日常的に「特技」を持っている人は結構いるものです。
 
 
また、みんなで協力して「一つのことをやり遂げる」という取り組みも結構あるわけで、
そのようなことに着目して評価してくれる制度とかシステムがあればいい・・
ということから始まったかどうかはわかりませんが、
いま世界中で大人気となっているのが「ギネスブック」です。
 
 

ギネスブックはもはや世界中の誰もが知っている言葉ですが、その中身については
ほとんど知られていないのが実情です。
 
 
少なくとも「ギネスに挑戦」する際に立ち会う人が存在するわけですから、
その認定員にはどんな人がなれるのかくらいは知っておきたいですよね。
 
 
ざっと調べてみました。

Sponsored Links

ギネスの公式認定員になるには?

英語および日本語が堪能であること(読み書き共に)

日本在住であること。

ギネスワールドレコーズに対して情熱をもてること。

優れたコミュニケーション能力をもつこと。

自信と決定力をもっていること。

テレビを含むメディアに対して、適切な対応ができること。

誰とでもコミュニケーションをとることができ、どんな環境ででも柔軟に対応できること。

 
 

やっぱり英語と日本語はタンノウであることが必須なんですね。
 
 

そんな折、つい先日「林先生が驚く初耳学!」にギネスブックの公式認定員マクミラン彩(まくみらんあや)が出演しました。

ちょうどいい機会ですのでマクミラン彩と彼女の職業・ギネス公式認定員について書いてみますね。

Sponsored Links

マクミラン彩は日本人? それとも・・


マクミラン彩さん
は日本人の母と米国人の父とをもつ、いわゆるハーフです。
 
 
お父さんはカリフォルニア出身だそうで、だからかな? 彼女はブリトーが好きなんだそうです。
日本語はペラペラ、認定審査員必須の英語ももちろん堪能(のハズ)。

↑7:48から登場しています。

マクミラン彩さんの画像


 
 

 
 

 
 

Sponsored Links


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

ギネスはロンドンに本社を持つほか、日本、ニューヨーク、中国、ドバイにオフィスを設置しています。

彼女はその中のジャパンオフィスに所属しています。

これまでマクミラン彩が立ち会った主なギネス認定の中には、

・1分間の連続ハイタッチの人数(2013年、武井壮の記録:161人)
その後人気の高い挑戦種目として更新が繰り返され今の記録は277回だそうです。(2016.3.13現在)

・ゆるキャラが同時にヒゲダンス (2013年 記録141体)
厳しい審査でなかなか認定されず、ゆるキャラたちも苦労したみたいですよ (;^_^A
他にも

・モデルとしてキャットウォークを歩いた人数ナンバーワン
(2012年 タカラトミー主催のファッションショー記録:1274人)などがあるそうです。

番組で彼女は、
「ギネスブックの公式認定員には申請者が実際にギネスに挑戦する際に立ち会って回数をカウントしたり、
不正をチェックする(表の)仕事と、ギネス候補者(記録を狙える人)の発掘という(裏の)仕事がある。」
と語り、実際に発掘してギネス登録されたケースも披露したようです。
 
 

まだ彼女に関する情報が少ないので詳細は不明ですが、結婚歴やブログ・SNSの有無などは不明です。

 
 

ギネスワールドレコーズからのお知らせ
http://www.guinnessworldrecords.jp/Recruitment/jpinternrecruitment

Sponsored Links

公式認定員の役割は?

「厳格・公平」という観点から地上の、或いは地上において行われる「世界一」を公式に認定していくことが主な仕事です。
 
 
「人間のあくなき世界一への挑戦心」は時として熱く燃え上がりますが、認定員はあくまでも冷静に判定しなければなりません。
 
 
そのための「ルール・ガイドライン」は当然必要ですが、型にはまらず、多分野にわたる「ギネスへの挑戦」はそのルールやガイドラインが準備されていないことも多いようです。
 
 
従って認定員は申請されてから実際に認定する段階に至るまでの一連の作業のスタートを、
そのルールとガイドラインを模索することからを始めることが少なくないようですよ!


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 内海和子(おニャン子)の現在は?結婚相手や離婚の噂を調査!

  • 小田切いくみ(テレビ山梨)アナは宝石美貌!恋愛事情について調査!

  • 畠山愛理(新体操)のとんでもない画像って?彼氏はプレイボーイって本当?人生が変わる1分間の深イイ話

  • 華子の本名や子供を調査!改名理由は離婚した夫が原因なの?

  • DEENのライブ2017はどうなってる?引退や解散説は本当?

  • セイジ(ギターウルフ)の本名や素顔が気になる!嫁や出身も調査!