マツコの知らない世界(11月13日)新大久保のグルメ韓国料理を紹介!

韓国料理

Sponsored Link

新大久保のグルメ、最近はやりの韓国の店が点在するコリアンタウン新大久保。
 
 
そこがマツコが描いてた新大久保とは随分違っていてマツコ驚愕。
 
 

グルメがとにかく美味しそう、マツコモビールをよこせと横暴に変身。中々行きたくても行く機会が無いのが現状。そんなマツコのためにお勧めの店をピックアップしていく。マツコも大興奮。

 
 

マツコの知らない世界(11月13日)新大久保のグルメの内容

新大久保の家庭料理に詳しい人が、マツコにいろいろな韓国料理を紹介していました。チーズタッカルビなど今流行っているグルメメももちろんですが、スポットが当たっていたのはお母さんが作るような家庭料理でした。
 
 

その中でも、店主の方が韓国へ帰ってしまいもう食べられないと思っていた「タッペクスク」という料理について、わざわざ韓国からお母さんが来てくれて作ってくれていました。

 
 
鶏肉を味付けなしで漢方で煮た料理で、塩をつけて食べるとのことでした。

 
 
マツコも食べていましたが、塩なしでも十分美味しいと言っていました。

その後はお母さん特製のキムチをふるまってくれて食べていました。

 
 

辛いもの好きの人ならきっと食べたくなる。

又は次の日に新大久保に行った人も少なくないんじゃないでしょうか。
 
 

もう一つコーナーがありましたが正直新大久保の話がメインで印象に残っています。

とにかくうまい、安い、辛い、とマツコもうなる。
 
 
今まで食べたことのない料理も沢山あったようでどんどんテンションが上がっていく。

 
 

Sponsored Link

マツコの知らない世界(11月13日)を見て感じたこと

マツコのご飯の食べ方が本当に美味しそうで、見ている方もお腹が空いてきます。

お店を辞めて新大久保から韓国へ帰ってしまった店主のお母さんがスタジオに来た時、久しぶりに会えたと紹介人の方が喜んでいてほっこりした気分になりました。
 
 
韓国料理はいろいろと知っているつもりでしたが、名前も聞いたことがない「タッペクスク」が出てきて食べてみたいと思いました。
 
 

新大久保はあまり行ったことがなかったので、何かの機会に足を運んでみたいです。

この番組は知識が本当に深い人が出てきて紹介してくれるので、自分が知らないことがどんどん増えてためになると思います。
 
 
とにかく辛いものが好きな私はよだれが止まりませんでした。

自分で家でよくキムチやチャンジャなど韓国料理も食べるのですがやはり本場。
 
 
画面から美味しい匂いや辛い匂いがただよってくる感じがしてもうすぐにでも新大久保に向かいたくなりました。
 
 
マツコのリアクションや紹介者の方のユーモアも素晴らしいものがありあっとゆうまに番組を見終わっていました。

そして録画をしておけば良かったと後悔しました。
 
 

美味しいものはなにも編集を加えずありのままで映し出すのが一番の視聴者にとって大事だと思いました。

その日の夜は当然キムチ鍋。韓国特集また近いうちにして欲しいしコリアンタウンと呼ばれるだけあって韓国人の方も沢山いましたね。!
 
 
マツコとちょっとずれた紹介人との掛け合いも、毎回楽しみにして言います。

 
 

Sponsored Link

まとめ

新大久保は10年以上前に一度ブームが来ましたが、その時と比べると今はまた様子が変わってきているそうです。
 
 
イケメンやインスタ映えばかりを重視したお店がどんどん有名になっていますが、お母さんが作るような家庭料理が食べられるようなお店も大切です。
 
 
マツコの知らない世界、それは言わば私たちも知らない世界。
 
 
それを画面を通して感じ一緒に勉強できるこの番組は素晴らしいと思いますし毎週必ず見てる番組は数少ないです。
 
 

ほんとうに素晴らしいです。マツコさん大好き

Sponsored Link