1. TOP
  2. 宮﨑敏郎の出身校や経歴は?戦績や登場曲と応援歌も調べてみた!

宮﨑敏郎の出身校や経歴は?戦績や登場曲と応援歌も調べてみた!

プロ野球 この記事は約 8 分で読めます。 41 Views

セリーグの打撃ランキングに忽然と現れ話題になっているのが、DeNAの宮﨑敏郎選手です。

 

前半終了直前の7月7日時点で首位打者!

昨年までの平均打率は、(.283)だったので今年の飛躍ぶりには驚かされますね。

 

チームは首位広島に水を開けられているとはいえ、好位置をキープ!

宮崎選手がその立役者であることは間違いないでしょう!

 

宮﨑敏郎選手は右打者なんですが、右方向に強い打球を放つのが特徴の5年目内野手です。

首位打者であることもさることながら、得点圏打率(.350)の勝負強さもトップクラス

 

昨シーズンは持ち前のパンチ力で2ケタ本塁打を記録するなど頭角を現し、今年は一気に飛躍してきましたね。

さらに、オールスターゲームにも初めて選出された宮﨑敏郎選手

後半戦の活躍にも目を離せません!

Sponsored Links

 

宮﨑敏郎(DeNA)の出身校

宮﨑敏郎選手は佐賀県出身で、佐賀県立厳木(きゅうらぎ:読み方が難しいですね ^◇^; )高校に在学していました。

 

1年生の春から投手で、2年生になる頃には「4番・投手」とチームの主戦です。

公式戦で通算24本塁打を記録していますので、スーパースラッガーというほどではないかもしれないですが、そこそこの成績だと思われます。

 

そんな宮﨑敏郎選手の高校時代は、強豪校ひしめく佐賀なだけに春夏を通じて甲子園とは縁がありませんでした。

 

宮﨑敏郎選手、後に日本文理大学へと進学すると、この頃から内野手となり1年生の秋から三塁手のレギュラーに定着です。

2年生から2年続けて全日本大学野球選手権に出場し、3年生では5番打者として、チームをベスト8まで導きます。

 

九州大学野球のリーグ戦では、2度の首位打者、3度のMVP、ベストナインを獲得、さらに、4年生の時には主将も務めるなど活躍しました。

Sponsored Links

 

宮﨑敏郎(DeNA)の経歴

学生野球では活躍してきた宮﨑選手でしたが、就職活動では苦戦を強いらます。

当時は氷河期であったこともあり、10社以上の企業から不採用となったそうですね!

 

そんな中、2011年にセガサミーへ入社すると、硬式野球部で1番や3番を任されるとともに、2年目にチーム事情から二塁を守る事となります。

 

そして、2012年の第83回都市対抗野球大会では、東京第3代表として出場し初戦の日本通運戦で8回裏に何と逆転満塁本塁打。

セガサミーに3年振りの勝利をもたらし、宮﨑選手の勝負強さを印象付けました。

この大会で日の目を見た宮﨑選手は、2012年のドラフトで、横浜DeNAベイスターズの6巡目で指名を受けて入団となったのです。

 

DeNA時代に入り、

2013年は、春季キャンプ中に左外腹斜筋の肉離れを起こした影響で、開幕一軍入りを逃すものの、イースタン・リーグでは、公式戦の開幕直後からクリーンアップに定着。

 

4月中旬に3試合連続本塁打を記録したことから、5月19日に初の出場選手登録を果たすし、翌20日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)8回表に代走として一軍デビュー。

 

宮﨑選手の初スタメンは、6月2日の日本ハム戦で、「6番・サード」として起用されると第1打席で2点適時打を記録。

さらに、この日の第4打席では、セ・リーグの新人選手では最速の一軍初本塁打を放って存在感のアピールができました。

 

ところが、人生山あれば谷もあり、2014年になるとオリックスで実績なのあるバルディリスの移籍や、途中に入団したグリエルといった外国人が内野のレギュラーに定着しました。

 

そのため宮崎選手の出場機会は極端に減り、かつ少ない出場機会で起こしてしまった初失策に、中畑監督から

「野球の世界にないボーンヘッド」

と酷評されてしまうなど、この年はツキから見放されたシーズンとなってしまいました。

 

しかし、宮崎選手にはもともと底力があったため、2015年のシーズン中盤以後、主に二塁手として一軍公式戦のスタメンに起用される機会が増え、ヤクルトのバーネットからも本塁打を放ちます。

 

因みに、この年優勝したヤクルトの守護神、バーネットが公式戦で浴びた本塁打はこの一打のみなんですよ。

 

改めて振り返ってみると、”価値のある一発であった”ということになりますね(笑)

 

2016年のシーズンに入ると、いよいよ宮崎選手は頭角を現し、開幕当初こそ石川と二塁を争うものの、交流戦からは継続的にスタメン起用されるようになります。

 

6月に入ると、主に5番打者として定着し始め、最終的に、規定打席には届かなかったが、「101試合、335打席、打率.291、11本塁打、36打点」を記録。

宮崎選手はチームの中心打者としての役割を果たし、DeNAを球団史上初めてのクライマックスシリーズ進出に導いた原動力の一人ですね。

Sponsored Links

 

年度別打撃成績







2013 DeNA 33 58 52 7 13 2 0 2
2014 5 13 13 0 2 1 0 0
2015 58 163 152 13 44 8 0 1
2016 101 335 302 31 88 16 0 11
NPB:4年 197 569 519 51 147 27 0 14
  • 2016年度シーズン終了時

 

 

宮﨑 敏郎(DeNA)の特徴

宮崎選手は、その体型と風貌から「ハマのプーさん」と呼ばれてるそうですよ。

 

というのも宮崎選手は身長は公称で172cmで、プロ野球選手としては小柄な体型ながら、ドッシリとしたシルエットで愛嬌のあるフェース!!

 

「ハマのプーさん」・・ってぴったりの呼称ですね。

 

それでもって、バッチングは左足を上げてのフルスイング!

そこから発揮される右方向を中心に広い角度にわたっての長打は非常に魅力があります。

 

また、宮崎選手の独特の打撃フォームなんですが、このフォームは小学生のときから固まったオリジナルのフォームなのだそうです。

小学生が考えたフォーム出すからね、それなりにコミカルなフォームです。

 

しかし、宮崎選手のハートは熱く、

2016年の夏のインタビューでのエピソードですが、

・毎日毎日、必死でやっています。
・試合に出してもらえるんだったらどこでも守ります
・打たせてもらえるんだったらどこの打順でも結果を出したいと思います

などと述べるなど、ファンの心を鷲掴みにしました。

 

そして見かけによらず、宮崎選手は50m走6秒台前半の俊足と、遠投100mの強肩の持ち主でもあるのです。

 

なお余談ですが、子供の頃は髪の量が多かったことから「ウニ」と呼ばれていたとそうですよww

Sponsored Links

 

宮﨑敏郎(DeNA)の登場曲と応援歌

さて、さて、活躍する機会が多くなってきた宮崎選手です。

必然的に宮崎選手の登場曲と応援歌です。

耳に入る回数増えましたよね!

 

ご存知ない方のために、宮崎選手の登場曲と応援歌を上げておきますね。

登場曲

心絵(ロードオブメジャー)

 

 

応援歌

「さぁ振り抜け宮﨑 気迫あふれるパワーで 夢描け鮮やかに 空高く」

 

最後に

基本的に宮崎選手は流し打ちが巧く、外の球をライト方向に持っていく姿をよく見ます。

しかし、最近の宮崎選手の本塁打は内角をレフト方向に運んでいますね。

 

一方、内角打ちの名人として知られる

・古田選手の「左脇を開ける」

・坂本選手の「肘を抜く」

方法なんですが、バッティングのセオリーとしてインパクトの瞬間は手を伸ばしたときが一番力が入りやすいと言われています。

 

しかし、プロの内角の速球は、それでは対応しきれなため前手(右打者の左手)を緩めて、後手(右打者の右手)を伸ばす。

そして、腰で回転する。これが上記のバッティング理論なのだと思います。

 

しかし、宮崎選手の内角の捌きを見ていると、両肘とも曲げているように見えますね。

腰で一気に回転して引き抜くようなバッティングをしているように見えるのです。

どうですかね。詳しい人がいらっしゃったら、どう見えるのか伺いたいのですけど。

 

ちょっと、器用すぎる打ち方のように見えてなりません。

宮崎選手の独特なフォームからくる見え方なんでしょうか??


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • WBC2017侍ジャパン速報と結果!逐次更新!

  • 伊藤義弘の戦力外通告で嫁や子供は?運命のバット動画に年俸と成績も

  • 吉川美代子が元巨人投手に恋心!?)藤城和明の家族や現在は?

  • WBC(2017)の組み合わせと開催地は?チケットの値段は?

  • 西川健太郎は嫁が出産間際で進路はどうなった?年俸推移も調べた!

  • WBCプエルトリコの要注意メンバーとその評価は?日本との相性は?