1. TOP
  2. 人間の証明ドラマで藤原竜也が主演!あらすじと不朽のミステリーの中身は?

人間の証明ドラマで藤原竜也が主演!あらすじと不朽のミステリーの中身は?

エンタメ 名作映画 日本文化 映画 この記事は約 10 分で読めます。 745 Views

人間の証明(にんげんのしょうめい)は、森村誠一の長編推理小説で1975年に『野性時代』(角川書店)で連載されました。
 
 
2010年時点で、単行本・各社文庫本計で770万部のベストセラーとなりました。

森村誠一の代表作「棟居刑事シリーズ」の主人公・棟居弘一良の初登場作品で、新刊雑誌への連載を前提に角川春樹社長から依頼されて執筆した作品です。

 
 
そんな「人間の証明」は5度目のドラマ化となり、藤原竜也×鈴木京香!主演にて再現されるほど、日本においては名作となりました
 
 
この人間の証明ですが、実に内容が深くドラマを見ただけではミステリーとして森村誠一が含ませたメッセージをキャッチするのは難しい作品ではないかと思います!

そこで今回は、名作『人間の証明』についてまとめてみます。

Sponsored Links

人間の証明のあらすじ

物語ぼ始まりは、東京・赤坂の高層ホテル。

そこの展望レストランのある最上階に到着したエレベーター内で、黒人青年が胸部をナイフで刺され死亡した殺人事件から始まります。
 
 
この殺人事件に対して麹町署に捜査本部が設置されました。
 
 
この事件の捜査を担当することになった麹町署の棟居弘一良(むねすえこういちろう)刑事は、被害者をホテルまで乗せたタクシー運転手の証言から、被害者の名前(ジョニー・ヘイワード)を突き止める。
 
 

さらにタクシーの車内からは、ジョニー・ヘイワードが持っていたと思われる『西條八十詩集』が発見された。
 
 
時同じくして、その事件と別の事件で、ある女性が何者かにひき逃げされる事件が起きた。
 
 
その人物は有名ファッションデザイナー八杉恭子の息子である郡恭平が起こした事件であった。

 
 
恭平は何もなかったようにするために遺体を東京湾に沈め、母親である八杉恭子に昨夜の出来事を全て告白した。
 
 

事情を知った恭子は息子の恭平をかばうためにアメリカに逃げるように指示し、国外に逃がします。
 
 

そのころ警棟居刑事はジョニーが残した「ストウハ」という言葉がストローハット(麦わら帽子)と言おうとしたと推理した。
 
 
実際に事件現場であるホテルのライト部分が麦わら帽子の形であったためジョニーがそれを見てそう思い込んだと解釈した。
 
 
そして、ジョニーが持っていた八十詩集におさめられた一編の詩に、麦わら帽子と霧積という地名が記されていたことが発覚。
 
 
群馬県の霧積の地名を割り出した棟居が霧積に向かうと、ジョニーの情報を知っているであろう中山たねという老婆が何者かに殺された。

霧積では八杉恭子が戦後、進駐軍向けのバーで働いていたことが分かった。

棟居は八杉がジョニーの母親で、ジョニー殺しの犯人だと推理する。

棟居はジョニーの本当の母親を探すため、ニューヨークへ飛ぶ。

 
 
ニューヨークで棟居はジョニーが日本で生まれたことを突き止める。棟居はひき逃げ犯の恭平をニューヨークで追い詰めた。

すると、恭平は拳銃を向けたため、シュフタンに射殺された。棟居は東京に戻る。

東京では日本デザイナーコンクールが開かれていた。その席で、棟居は八杉に恭平が殺されたことを伝える。

八杉はコンクールで大賞を取った。

八杉は授賞式を途中で抜け出し、霧積へ向かう。

ジョニー殺しの犯人が八杉恭子だと明らかになる。八杉とジョニーは生き別れの母子だった。
 
 
ひき逃げ事件から棟居は八杉にたどり着くが実は棟居は昔から八杉のことを知っていた。
昭和24年、闇市でアメリカ軍人に強姦されそうだった八杉を棟居の父が助けようとして殺されたのだ。

 
 

ジョニーの存在が世間におおっぴらになり、過去に黒人と関係があったとバレることを恐れた恭子はジョニーを殺したのだ。

また、それらを知っている中山たねも殺していた。

そして、八杉は霧積の崖から身を投げた。
 
 
翌日、八杉の死亡記事を読んだシュフタン刑事はジョニーの実の父親を訪ねた。

既に麻薬依存に陥っていたが、事の全てを告げると解釈したように首を縦に振り、静かに息絶えた。
 
 
シュフタン刑事はその遺体を廃墟の片隅に埋め、花を添えて帰ろうとした直後に黒人男性に刺され、そのまま動かなくなった。
 
 
そのシュフタン刑事は、昭和24年、闇市で八杉を助けようとした棟居の父を殺した当事者だったのだ。

Sponsored Links

人間の証明とは何か?

人間の証明はこれまでも何度か映像化されてきていますが、もちろん、一番有名なのは松田優作主演の映画でしょう。
 
 
ストーリー、出演者、映像の迫力、そしてテーマソング。

どれを取っても素晴らしい、超名作だと思います。
 
 

藤原竜也も大好きな俳優で、デスノートとるろうに剣心を筆頭に、バトルロワイアル、カイジ、インシテミル、パレードとその存在感を確立してきました。
 
 

さて、人間の証明は1970年代を舞台に「戦争の記憶」をストーリーの根幹にしています。

今回のリメイクも1970年代の時代設定と発表されております。
 
 

『人間の証明』著:森村誠一

Mama, Do you remember♪の歌詞と麦藁帽子が落ちて行く映像は、人間の証明のシンボルであって、ファンのすべてがイメージすモノだと思うんですね。
 
 

季節は夏ごろ・・

当時は流行っているものだと分かっていてもほとんどの人は、正直どんな内容であったのかは全く分からなかったのではないかと思います。
 
 
当時、高度経済成長の真っただ中にあった日本ではその真意が分かる程、歴史を振り替え訳アリの人の心理に対して熟慮できるほど人々は成熟した大人ではなかったと思います。
 
 
季節が流れて、未開のミステリー『人間の証明』は、いくどとなくテレビでが放送されたのは、当時の内容が釈然とせず改めて確認したかった民意の表れだとも思います。

名作と言うよりも、その内容に付いてこれなかった!
 
 

そして2001年1月、テレビ東京の2時間ドラマで『人間の証明』が放送されたとき、棟居を渡辺謙が演じ、ニューヨークロケが敢行されたと言う宣伝文句に惹かれて見ました。

Sponsored Links

小説、『人間の証明』と映画・ドラマのギャップ

『人間の証明』と言う本を読んでみたいと初めて思ったのは、ある夏にドラマ化された『人間の証明』があったこと。

ドラマ化が発表された時から期待大で、原作も新装版となって発売されていました。

その時、何より知りたい事があってタイトル『人間の証明』の意味するものは何か?

それが知りたかった。
 
 
結局、『人間の証明』に関わったほとんどの人が思っている疑問ではないかと思うんですよね^^

正直よく分からない!

表面的なあらすじだけでは伝わってこなかった、裏に隠された本質に興味があったんですね!
 
 

ストーリーは三人の視点で進行します。

一人目は、主人公である棟居刑事の視点。
二人目はニューヨーク市警2のケン・シュフタンの視点。
三人目は小山田武夫の視点。

この一見バラバラな視点の終着駅が一つだったと分かった時、時代を超えた面白さが実感できました。

これは、海外ドラマではよくある手法なんです。

 
 

原作を読み初めてすぐ、まず感じたのは取材が事細かく行われている事への驚き。

3人の視点に合わせた周辺取材が、徹底して行われたと分かるデーターの数々。
 
 
特にケン・シュフタンの周辺であるニューヨークに関する情報は、その部分だけで数ページに及ぶわけです。
 
 

あれだけエネルギッシュな街を、冷静に無感動に表現してしまえる客観性は、ニューヨーク自体を物語の中におけるポジションが、よく言われる原作と映像作品の間にあるギャップを改めて強く感じます。
 
 
この温度差の要因は映像にする際に発生する脚本家の解釈の仕方や、演出家や監督、俳優達の解釈や表現の違いによるものである事は明白ですね。
 
 

渡辺謙演じる棟居、竹野内豊が演じる棟居にしても『孤独』であり『人付き合いが極端に下手』で『攻撃的』な人物なんですよ!
 
 

ところが、原作の棟居は、確かに『孤独』であり『人付き合いが極端に下手』で『攻撃的』な人物と表現されているものの、もっと人当たりが柔らかい人物なんです。

それを裏付けるものが、事件を捜査する時の横渡との会話の中の物腰が柔らかそうな印象がそれです。

自分の孤独感は表に出さずに、周囲とそれなりに付き合っていく術を知っているような感じが見受けられるのですよ。
 
 
つまりそこに原作と現代に流れている時間が齎す温度差が表れているのかもしれないですよね?

そうであれば、やはりタイムスリップして映画『人間の証明』を再度見る必要があるのではと感じています。

Sponsored Links

この作品の中で一番厄介なのが、小山田武夫の存在ではないでしょうか。

棟居とケン・シュフタンの視点は理解出来る。
だが小山田武夫がいきなり登場した時、ドラマ等を見ていなければ「なぜ急にこの人が出てくるんだろう?」
と思ってしまう。

しかし、中盤に差し掛かると一見バラバラに動いていた視線が、一ケ所に集中する。

そしてラスト。
この三者は一度も互いに顔を合わせる事もなく、また各々が各々の立場で捜査し、
各々の結末を迎えた事実を知らないまま物語は終わる。
 
 
また、この三人はお互いの存在を知らぬがゆえに、お互いの因果関係さえも知る事がないまま物語は終わる。

棟居よりも先にジョニー殺しの犯人を知ったのはケン・シュフタンだし、小山田と棟居は一度だけ警察署内で顔を合わせ、言葉も交わしているのだが、その事実に気が付くことはなかった。
 
 
そして何よりの因果関係となっている、ジョニー殺しの犯人と棟居は、棟居自身が幼少期に復讐を誓った相手だったが、棟居はその事実を犯人には言わないままであった。
 
 
そして棟居が復讐を誓った、もう一人の相手--それがケン・シュフタンなのだが棟居自身も、またケン自身も知らぬまま物語は終わる。
 
 
この犯人とケン・シュフタンと棟居の因果関係については「これはやり過ぎ」と思わないでもないが、だがしかし、もしかしたら本当に人の出会いとは、そんなものかも知れないとも思う。
 
 
初めはバラバラだった物語が、絡み合ってクライマックスに向かう時、「リアルタイムでワクワクしながら読みたかった」と思った。
 
 

ほとんどの人が知りたいと思う

「人間の証明とは何を意味するのか?」

その答えは終盤にはっきり記されています。
 
 

この物語の犯人は、緻密な計算など何もせず犯行に及び、だがしかし簡単に犯人が割れるかと言えば決してそうではなく、あるのは状況証拠のみ。
 
 
その時、棟居が賭けたのは「人間の心」しかなかったのです。

犯人が知らぬ存ぜぬで押し切れば、罪から逃れる事も可能だったのに、そうする事が出来なかったのは、
そこに「人間の心」があったからであり、その感情を持ち合わせている事を自供と言う形で証明した・・

それが『人間の証明』と言う解りにくいタイトルに込められていたのではないでしょうか!?

森村誠一の膨大なニューヨークデーターを読むと、ニューヨークと言う街で起る犯罪が、その後も止まる事を知らず驀進するのみと思える響きがあのです。
 
 
1977年当時のデーターでは「ニューヨークの殺人件数は1351、強姦1803、強盗49238、窃盗293,053」とあります。

しかし2002年、ニューヨークのマンハッタン内で起きた殺人事件は100件に満たなかった。
(作者のデーターも読んだ感じではマンハッタン内部のみの数字と思われる。)
 
 
80年代後半から行われたニューヨーク改造運動が無駄ではなかった証拠ですよね。


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 堀口茉純がとく江戸時代の男女のスキャンダル!徳川綱吉の不倫って?

  • 白石美緒(ポールダンス女医)がセクシーすぎる!勤務先の病院はどこ?

  • 松本弥生(リオ水泳選手)が有吉反省会!経歴と引退後の芸能事務所は?

  • 古田新太がイケメンすぎて6股交際?夏木マリとの飲みが破天荒!おしゃれイズム

  • 小田切いくみ(テレビ山梨)アナは宝石美貌!恋愛事情について調査!

  • 小松詩織 (頭脳王)のwikiや彼氏は?高校や勉強法を調べてみた!