1. TOP
  2. 及川雅貴(野球)の実力や学校は?進路は横浜高校か!ビートたけしのスポーツ大将2017

及川雅貴(野球)の実力や学校は?進路は横浜高校か!ビートたけしのスポーツ大将2017

スポーツ この記事は約 5 分で読めます。 9,783 Views

昨年、福島県いわき市で開催された、『第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016』

この大会でエース的な活躍をし、侍ジャパン U-15代表選手で最優秀投手に選ばれたのが、左腕の及川雅貴くん(匝瑳リトルシニア)でした。
 
 

今回、2017年2月26日放送のビートたけしのスポーツ大将2017にテレビ出演され、侍ジャパンの西武 秋山翔吾選手、や中日 平田良介選手と対戦します。
 
 
中学生ながら、181cmと大柄で均整のとれた体格から最速137km/hのストレートを投じる左腕!
タテに割れるスライダーなど変化球のキレも鋭く、総合力に高い評価が集まっています。
 
 
及川雅貴くんは人間性にも優れていて、
「ものすごく素直で謙虚。練習で手を抜かないし、気も遣えるから皆から好かれています」

と大木博之副会長から称賛されている人物なんですね。
 
 

今回は、野球界の未来を担う中学球児の一人、及川雅貴くんについて調べてみました。

Sponsored Links

及川雅貴くんのプロフィール

【名前】:及川雅貴(おいかわ まさき)
【生年月日】:2001年4月18日
【身長・体重】:181㎝/66㎏
【投球・打席】:左投げ/左打ち
【経歴】:
   千葉県匝瑳(そうさ)市 須賀小学校
   須賀スポーツ少年団(軟式)
   2013年 千葉ロッテマリーンズjr
   匝瑳市立八日市場第二中学校
   匝瑳リトルシニア

 
 

匝瑳リトルシニア時代から下半身を強化してきたため、及川雅貴くんの制球力は目を見張るものがあります。

もともと、小学6年生の時に、マリーンズジュニアに選出されるなど注目株ではありました。

Sponsored Links

及川雅貴くん擁する侍ジャパンU-15

及川雅貴くんは、第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ2016の第2戦で前回優勝国のキューバと対戦します。

先発した及川雅貴くんは、初回から130km/hを超える伸びのあるストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜた堂々の投球を見せ結果、4-0でキューバに勝利しました。
 
 
及川雅貴くんは試合後、

「いつもは緊張するのですが、今日はあまり緊張しませんでした。
昼間にキューバの映像を観てほとんどの打者が流し打ちをしていたので、インコースを強気に攻めました。狙いどおりのびのびと投げることができました」

とコメントしていました。
 
 
決勝進出をかけたスーパーラウンド(2次ラウンド)の、初戦の相手はベネズエラ。
 
 
この試合でも及川雅貴くんが先発を務めます。
 
 

ベネズエラは3回まで毎回走者を出しますが、
及川雅貴くんは動じることなく後続を打ち取り、5回途中まで無失点に抑え流れを作りました。
 
 

5勝全勝で1次ラウンドを突破した侍ジャパンU-15代表は、2次ラウンドでは米国に敗れはしたものの
決勝に進出します。

 
 

決勝、ファイナルの対戦相手は、大会連覇を狙うキューバ!

1次ラウンド第2戦では4-0で勝利してますが、この試合では及川雅貴くんはキューバ打線の猛打に捕まってしまい、U-15悲願の 初優勝には届かず惜しくも準優勝。
 
 
しかし、前回大会(2014年メキシコ開催)の7位を大きく上回る準優勝に躍進!!
 
 

この大会で低めにキレの良い球を中心に投げ込みしっかりと試合を作った及川雅貴くんは、最優秀投手に選出されました。

Sponsored Links

及川雅貴くんに対する評価

及川雅貴くんは決勝戦となったキューバ戦のこそ1回2/3を5失点とノックアウトされましたが、それまでの2試合を無失点に抑えており最優秀投手賞を受賞しました。
 
 

鹿取監督も及川雅貴くんの素質を見込んでおり藤平尚真(横浜高)と同等との評価をしました。

中学3年生ながら181センチと長身の及川雅貴くんストレートの最速は140キロ前後。

カーブ、スライダーの制球もよくこれら変化球も駆使し三振を奪う投球は大変魅力的ですね。
 
 
進学する高校によっては1年夏の大会からエースナンバーの可能性が高いです。そうなれば、及川雅貴くんを甲子園で見る機会も出てきますね。

Sponsored Links

及川雅貴くんの進路は

これだけ将来有望な選手なので、どの高校に進学するのか気になります。
 
 

全国の強豪校から誘いを受けていると思うので、甲子園常連校へ進学すると思いますが、
どの高校を選ぶのでしょうか?

などと気になっていましたが、どうやら名門、横浜高校に決まったようですね。

横浜高校いえば松坂大輔投手を筆頭に、ロッテの涌井投手、ヤクルトの成瀬投手、そして昨年の藤平投手と数々の名選出を育ててきました。
 
 
及川雅貴くんはそんな横浜高を代表する投手になる可能性を十分秘めているので、これからの活躍に期待です。

 
 
関連記事

「ビートたけしのスポーツ大将2017」:越後晴哉(サッカー)
「ビートたけしのスポーツ大将2017」:溝口塁生(陸上)
「ビートたけしのスポーツ大将2017」:鈴木颯(卓球)


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • カレン・チェンはアメリカ代表なのに台湾人?実力やプロフィールは?

  • 全豪オープン2017のNHK放送日程は?錦織圭テレビ放送予定!

  • 交川陽子(オートレース)の年収と今後の出場予定は?養成所の学費は?

  • 秦将吾(山梨学院)の記録まとめてみた!彼女や進路は?

  • スペイン国王来日の予定と晩餐会はいつ?乾選手の帰国と静岡訪問はナゼ?

  • 西村美紀がプロボーラー引退ってマジ?原因はホストと窃盗事件?