アルゴリズムとは

1章アルゴリズムの基本


 
 
 

 
 
 
 


 
 
 

 
 
 
 


 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 


 
 
 

 
 
 
 


 
 
 

 
 
 
 


 
 
 

 
 
 
 


 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

最後に選んだ単語はどれ?

https://forms.gle/sUhTWydHV6Xjy8m4A
 
 
 

 

 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 

回答の集計

 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

アルゴリズム体験 答え合わせ

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

目的を達成するために

  • グーグルMAPが目的地まで一番近いルートを導き出す
  • ピクサー映画で3Dキャラクタの光の当たる加減を導き出す
  • NASAのソーラーパネルが光のもっとも当たる角度を調整する

と至る所で使われている。

普段の生活においても、
辞書で「Z・・・」から始まる単語を調べるとき

  • 1ページずつ探す
  • 毎回、本の半分ずつめくる

 
 

アルゴリズムとは、目的を達成するためのステップのこと!

 
 


 
 

アルゴリズムの考え方

  • 家から行ける全ての場所を洗い出す
  • その場所からいける場所全部洗い出す
  • どれくらい距離があるかそれぞれ記録する
  • 記録した距離を比べて最短をアウトプットする

 
 

アルゴリズムとデータの関係


 
目的に合ったデータの持ち方とアルゴリズムを組み合わせる。

2章 流れ図の書き方(テキストP.6)

手順は、「料理」、「掃除」、「仕事」など様々なシーンで考える。


 
 

プログラミングをする際も、手順や処理の流れを考えるのが一般的。

 
 

流れ図は基本的に6つの記号で構成されている。


 
 

流れ図を作成することにより、処理の矛盾や間違いに気が付くことができる。

 
 

流れ図の基本制御構造

 
 

 
 

 
 

3章 データの取り扱い(テキストP.11)

プログラムでは、様々なデータを扱う。

・計算させるための「数字」データ
・画面に表示させる「文字列」データ
・画面から入力した「文字列」データ

このようなデータをプログラムが処理しやすいように一時的に保管しておくための「箱(入れ物)」のことを変数という。
入れるものによって中身が変わるので変数という。

プログラムは何度も繰り返し使われることを前提に開発されるので、
箱A + 箱Bのように書くことで、それぞれの箱に好きな数字を入れることで様々な計算が可能になる。

 
 

変数には箱にラベルを張るようなイメージで自由に名前を付けるが、これを変数名という。

 
 

プログラムは基本的には「箱」使いで、実際に下図のようなイメージが実際によく使われている。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

4章 分岐構造(テキストP.19)

実際のプログラミングコードは、条件分岐と反復構造(5章で解説)で8~9割が構成されている。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

5章 反復構造(テキストP.31)

プログラムの命令は1行だが、繰り返し要求回数分だけ実行してくれる。

複雑な処理を複数回繰り返したいというときに便利。

手間も省け、コードも簡略化される。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

class="aligncenter size-full wp-image-2940" />

 
 

6章 配列(テキストP.41)

通常の変数にはデータが一つしか入れられない。

実際のプログラムを作っていくと、同じ種類のデータをいくつも1つの箱の中にまとめて入れて扱いたい場合がよくある。

 
 

そのようなときに使うのが、この「配列」

通常の変数がただの「箱」なら、配列は「引き出し付きの箱」になる。
変数を「配列」として定義すれば、「ただの箱」から「引き出し付きの箱」になり、複数のデータをまとめて入れることが出来る。


 
 


 
 


 
 

 
 

7章 配列と反復構造(テキストP.47)

100個の変数を使った順次処理のイメージ

 
 
配列と反復楮を組み合わせたイメージ

8章 探索(サーチ(テキストP.6))

 
 

 
 

9章 整列(ソート)(テキストP.6)

 
 

10章 最後に・・・

-ロジック演習

© 2021 スタートダッシュ