1. TOP
  2. 坂本眞一の画力が秀逸!東大出身でイノサンはじめデジタルで原稿を作成!SWITCHインタビュー達人達

坂本眞一の画力が秀逸!東大出身でイノサンはじめデジタルで原稿を作成!SWITCHインタビュー達人達

エンタメ プロフェッショナル 日本文化 この記事は約 6 分で読めます。 1,558 Views

漫画化坂本眞一さんの画力の秀逸さは、かねてから注目されていました。
 
 

そんな坂本眞一さんて、なんと東大出身なんですね!

東大生って、必ずどこか何らかしら秀出ているところが必ずあると思われますが、坂本眞一さんの場合、
漫画の画力もそうですが、イノサンはじめデジタルで原稿を作成し、その世界観に非凡なものを感じざるを得ません!
 
 
坂本眞一さんが今回は、NHKEテレで5月6日22:00から放送予定のSWITCHインタビュー達人達に登場します!

 
 

独自の世界観として、痛みを描く漫画家の坂本眞一さんについて今回は調べていきたと思います。

Sponsored Links

坂本眞一さんのプロフィール

坂本眞一さんといえば、
2013年の9号から2015年20号まで、「週刊ヤングジャンプ」に連載された『イノサン』
が代表作です。

出典:ウィキペディア
 
 

この、イノサンは大ブレイクするのですが、

そこに描かれた画力は、今までなかった描写で、熱烈なファンを産み

彼らを一瞬にして、圧倒的に魅了してしまいます。
 
 

坂本眞一さんって、どんな方なのでしょうか?
 
 

【人物名】:坂本眞一(サカモトシンイチ)
【職業】:漫画家
【生年月日】:1972年7月19日 (44歳)
【血液型】:不明
【出身地】:大阪府
【受賞歴】:
文化庁メディア芸術祭 (第17回, 審査委員会推薦作品) 「イノサン」
マンガ大賞 (第8回, 第7位)〔2015年〕 「イノサン」
【Twitter】:@14MOUNTAIN
 
 
作品同様、いろいろ、謎多き坂本眞一さんです。

坂本眞一さんは、

「キース!!」でデビューし

「モートゥルコマンドーGUY」、

「益荒王」などをよにだしました!

 
 
そして、坂本眞一さんの代表作は、なんと言いても

『孤高の人』
『イノサン』

です!

 
 

描写がリアル過ぎて、正直、写真と見間違う人も多いのではないでしょうか?

もちろん、そのリアルな描写が、坂本眞一さんの魅力なんですけどね!
 
 

デジタルで作画されているのでが、

さまざまな描写は、これホントにCGなの??

って思うくらいの緻密さがあるのです。

リアリティがあります。
 
 

ここまでの描写を実現するには、かなりの時間をかかているのは間違いないでしょう!

誰が見てもそれくらい緻密な描写が多く、それはマジ写真レベルですよ。

鳥肌立つくらいの完成度が高い、絵画です。
 
 

背景だけではなく、もちろんキャラクターの描写もリアルですよ。

その特徴として、人の表情や唇のしわの描き方なんて、度肝を抜かされてしまうほどです!

あまりにリアルなので、怖いシーンとかは夢に出てきそう(笑)

Sponsored Links

坂本眞一さんは東大出身?

坂本眞一といえば、

どこからともなく「東大」と出て来るので東大出身なのかと思いきや…
 
 

東大に通っていたらしき情報が見当たりません・・・です!

 
 

というか、

そもそもどこの大学に行っていたのかも不明なくらいミステリアスな坂本眞一さんでした(笑)

 
 

坂本眞一さんの、あまりにも天才的な画力は、正に極めた東大生レベルと言いても過言ではないと思いますね。

ってか、このレベルのアーティストの出身大学ってどこでもよくないですか?

才能があるのは麻衣がいないですからね(笑)

Sponsored Links

イノサンのリアルで幻想的な世界がスゴイ

『イノサン』は、坂本眞一さんの代表作品で、週刊ヤングジャンプで、2013年9号から連載され、2015年20号まで巻末に掲載されていました。

続編『イノサン Rouge(ルージュ)』の連載が、グランドジャンプの2015年12号より開始されます。

出典:イノサン – Wikipedia
 
 

そんな、「イノサン」とはフランス語のInnocentで、英語の「イノセント」に相当するのですが、その意味は「純真」という意味です。

 
 
物語のあらすじは、

国王ルイ十六世の斬首刑の指揮を執った実在の死刑執行人、シャルル=アンリ・サンソンを主人公にしています。
 
 

理想を求め、現代社会の出発点となった革命、フランス革命!!

そのフランス革命の最中に生きる、処刑人であるサンソン一族の数奇な運命を描く歴史大河開幕です。
 
 
 

悲運に苛まれながら、「自由」と「平等」を求め生きた男の壮絶な人生を、

坂本眞一さんの圧倒的な画力で、その歴史を描破するのです――!!!

出典:イノサン – 週刊ヤングジャンプ公式サイト

Sponsored Links

まとめ

坂本眞一さんの作品の特徴は、男の筋肉の描画に迫力があり、男くさい作品が多いですね。

イノサンはデジタル化され、線をひくところから、影つけやベタなどをすべてタッチペンで行っています。

画は非常にキレイで迫力があますねー

すでに完結していますが、

、続編を、イノサン Rougeとして連載され、原稿はデジタル

どの作品から、原稿をデジタル化しているかは

把握しきれませんでしたが

原稿はイノサンからデジタルで作成!

いかがだったでしょうか、坂本眞一さんを

これからも応援します。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 小林麻央が再入院で体調が気になる!理由と病状は?

  • 竹内大助はドラフト候補!?上田まりえ(元日テレアナ)と野球婚!

  • おくりびと青木は実家が葬儀会社で納棺師!リアルおくりびとなの?

  • 松田一希(霊長類学者)の妻や子供は?!これまでの経歴も大調査!

  • 萱野稔人の出身高校は愛知の名門!イケメン哲学者の嫁は10歳年下!

  • 石崎里奈(さんまの東大方程式)の卒業写真ぶさいく説って?伊達政宗の子孫なの?