1. TOP
  2. WBCアメリカのモンスター級メンバーは?!決勝ラウンドで侍と22日対戦!

WBCアメリカのモンスター級メンバーは?!決勝ラウンドで侍と22日対戦!

スポーツ この記事は約 8 分で読めます。 547 Views

野球の祭典、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)はアメリカの2次ラウンドで、地元アメリカが、前回大会優勝のドミニカ共和国を破り2大会ぶりの準決勝進出を決めました。
 
 
その結果、侍ジャパンの決勝ラウンドは22日の準決勝での対戦相手がアメリカとなりました。
 
 
アメリカでの2次ラウンドは、早々プエルトリコが2連勝でグループ首位を決め、その後1勝1敗同士でのアメリカと前回大会優勝のドミニカ共和国が1グループ2位をかけて対戦しました。
 
 

アメリカはマーリンズのイェリッチ選手のタイムリーツーベースヒットなどで同点に追いつき、4回にスタントン選手のツーランホームランで4対2と勝ち越し!

1次ラウンドではアメリカに勝利しているドミニカ共和国はマリナーズのカノー選手のホームランで1点差に詰め寄りまが、アメリカは直後の8回、パイレーツのマカッチェン選手の2点タイムリーで6対3と突き放します。
試合はこのまま、アメリカが勝利し準決勝進出を決めました。
 
 
小久保監督曰く、準決勝が一番難しいとのことですが、侍ジャパンはロサンゼルスで行われる準決勝で、初優勝を目指すアメリカと対戦することになりました。
 
 
WBC2017のアメリカはモンスター級のドリームチームです。

今回は、そのアメリカはドリームチームのメンバーについてまとめてみました!

Sponsored Links

アメリカってどんなチーム?

アメリカのWBC戦歴は意外にも、前々回のベスト4が最高で、今大会、初優勝を目指します。
 
 
打線は、大リーグで昨シーズンまで、2年連続でホームランと打点の2冠王に輝いている、ロッキーズのアレナド選手が、6試合中5試合で4番を打ち、下位打線でもジャイアンツのクロフォード選手が打率4割4分4厘を記録しています。
 
 
このほか、2012年にリーグ最優秀選手に選ばれたジャイアンツのポージー選手や、3年前にホームラン王を獲得したマーリンズのスタントン選手など大リーグを代表する選手をそろえています。
 
 
ここまででもかなり強力じゃないですか??

かさにかけ、先発ピッチャーでは、ロイヤルズの左ピッチャー、ダフィ投手が準決勝進出を決めた2次ラウンドのドミニカ共和国戦などこれまで2試合に先発しともに勝ち投手となっているほか、リリーフ陣では、昨シーズン38セーブを挙げたレンジャーズのダイソン投手が、3試合に登板して無失点と安定したピッチングを見せています。
 
 
かなりヤバイメンバーのオンパレードですよ!!

 
 
ところで、WBCで日本は、アメリカとこれまで2回対戦していているんです。

 
 
その対戦成績は、2006年の第1回大会の2次ラウンドでは3対4で敗れているんです。

ただこの試合ではかの有名な歴史的誤審の末でのサヨナラ負けでした。

 
 

2009年の第2回大会の準決勝では9対4で勝ち、通算成績は1勝1敗となっています。

 
 
ということでこれまでの対戦では対アメリカに対しては相性的には優位にあります。

Sponsored Links

WBC2017アメリカ代表ガチメンバーとは?

さあ問題は、2017年のアメリカメンバーが史上最高のドリームメンバーであり過去3回の開催とは事情が違うということなんですよ!!

 
 
そこで今回はアメリカモンスターの特性と動画の紹介をして行きますね。

ポール・ゴールドシュミット(Dバックス)

一塁手としては数少ない走れる選手であり、2013年には本塁打と打点で二冠を達成しナ・リーグ屈指の打者へと成長します。

守備でも2013年と2015年にゴールドグラブ賞とフィールディング・バイブル・アワードをダブル受賞するなど今選手はすごい!

モンスターNo.1


 
 

8C バスター・ポージー(ジャイアンツ)

2015年は自己最多の150試合に出場。

同年も主砲としてチームを牽引し、打率.318・19本塁打・95打点の好成績をマークしました。

また自身初めて、四球の数(56)が三振の数(52)を上回ったのも凄いですよ。


 
 

イアン・キンズラー(タイガース)

2016年はホームラン志向が強まり、153試合に出場して打率.288・5年ぶりの20本超となる28本塁打・83打点・14盗塁という好成績を記録しました。

通算200本塁打と200盗塁を同シーズン中に達成しつつ、しかもセカンドの守備は引き続き上質で、151試合の守りで9失策・守備率.988・DRS + 12という見事な数字を並べ、打撃面も合わせてMLB屈指のセカンドとしての存在感を示しました。こちらもまさしくモンスターですよね!!


 
 

Sponsored Links

C ジョナサン・ルクロイ(レンジャーズ)

142試合の出場で打率.292・24本塁打・81打点・5盗塁・OPS0.855・6失策・守備率.994・DRS + 4・盗塁阻止率39%というハイレベルな内容


 
 

SS ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ)

143試合に出場して打率.256、21本塁打、84打点と全てのカテゴリーでキャリアベストを更新し、自身初のシルバースラッガー賞を受賞。また、ゴールドグラブ賞、オールスターともに初選出します。スケールが大きいですよね!

 
 

RP アンドリュー・ミラー(インディアンス)

最速99mph(159km/h)・平均94mph(約151km/h)を誇る速球(フォーシーム・ツーシーム)と、鋭く曲がる平均84mph(約135km/h)スライダーを使用します。このコンビネーションは脅威です。

 
 

RP アンドリュー・ミラー(インディアンス)

最速99mph(159km/h)・平均94mph(約151km/h)を誇る速球(フォーシーム・ツーシーム)と、鋭く曲がる平均84mph(約135km/h)スライダーを使用

 
 

RP デビッド・ロバートソン(ホワイトソックス)

オーバースローから、最速球速96.3 mph(約155 km/h)・平均92 mph(約148km/h)のカッターを中心に、決め球である平均82 mph(約132 km/h)のナックルカーブ、その他に平均93 mph(約150 km/h)のフォーシーム、平均89 mph(約143 km/h)のチェンジアップなども使用


 
 

Sponsored Links

アメリカ代表の警戒選手は誰だ!

アメリカの注目選手は気になりますよね!

実際に準決勝を迎えるうえで、開会すべきアメリカ代表選手をまとめておきましょう

 
 

B・クロフォード

年齢:30
ポジション:内野手
主な成績:全勝のプエルトリコから2点タイムリー
今大会での活躍:打率444でチームトップ
ネットの評価:「率はあるけどホームランはなさそう」「選球眼が良さげ」「長打はなさそう」

G・スタントン

年齢:27
ポジション:外野手
主な成績:メジャー通算200本塁打以上
今大会での活躍:ドミニカ戦でホームラン
ネットの評価としては「ホームラン勝ち点三振か」「当たれば怖い」「こういう選手は波に乗ると恐ろしい」

E・ホスマー

年齢:27
ポジション:内野手
主な成績:昨年は100打点以上
今大会での活躍:チーム最多の8安打
ネットの評価:「勝負強い」「こういう選手は怖い」「長打もある選手」

 
 
ピッチャーではこのような選手が要注意ですよ。

A・ミラー

年齢:31
ポジション:リリーフ
主な成績:昨年は70試合登板で防御率1点台
今大会での活躍:2次ラウンドは無失点
ネットの評価:「調子があがってきたか」「打ちにくそう」「ワンポイントできたら嫌だな」

D・ダフィー

年齢:28
ポジション:先発投手
主な成績:昨年は12勝
今大会での活躍 2次ラウンド最終戦で先発
ネットの評価:「ここで投げたら日本戦来ないのか」「ダフィー投げないのはラッキー」「今日投げさせたか」

 
 

さぁ、22日に開催される日本vs.アメリカの準決勝!!

優勝候補だったドミニカを破り準決勝に来たアメリカは強敵です!!

しかも時差無く戦えるだけにスケジュールも我が侍ジャパンより有利ではないでしょうか?

小久保監督も準決勝が一番難しいと公言しており、確かに前回大会での準決勝ではプエルトリコに敗れております。
 
 
プエルトリコとは昨年の強化試合も含めても敗れたのは、ただこのWBC2013準決勝の一回のみ!

それだけ侍ジャパンにとってもこの準決勝とういものが鬼門だあることは間違いないですね。
 
 

果たして日本は決勝に駒を進めることが出来るのか?

侍各メンバーが半来の力を発揮できるのであれば、対アメリカ戦を突破することは、さほど難しくはないはず!!
 
 
ポイントになりそうなのは抑えの牧田投手までの繋ぎと、2次ラウンドのイスラエル戦で打ち込まれた牧田投手自体のコンディションですね。
 
 
その中、則本選手が復調気配なのは好材料ですが、第2先発の存在でしょうか??

仮に準決勝を突破すると翌日が決勝になるので連投を見据えた投手起用がカギとなりそうですね。

 
 
とにかくまずは準決勝を突破する事に集中してもらいたいと思います。

頑張れ!!、侍ジャパン!!
 
 
頼むぞ世界一奪還!!


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 伊藤義弘の戦力外通告で嫁や子供は?運命のバット動画に年俸と成績も

  • 濱田美栄の教え子は本田真凜と太田由希奈!今一番熱い氷上のコーチ!サンデースポーツ

  • モニタリング新庄剛志は阪神時代にピッチャーも!?生涯成績と意外な引退理由とは?ニンゲン観察!モニタリング

  • 根尾(大阪桐蔭)の出身中学や家族は?身体能力の高さは大谷二世!

  • 畠山愛理(新体操)のとんでもない画像って?彼氏はプレイボーイって本当?人生が変わる1分間の深イイ話

  • 一色恭志の実家が驚き!気になる彼女や進路を大調査!