1. TOP
  2. さっぽろ雪まつり2017を10倍楽しむ!日程や穴場の時間帯は?

さっぽろ雪まつり2017を10倍楽しむ!日程や穴場の時間帯は?

イベント この記事は約 9 分で読めます。 453 Views

日本国内のみならず世界各国から多くの観光客が訪れるさっぽろ雪まつりは、今年で68回目を迎えます。

 
 
現在は3つの会場から構成されるさっぽろ雪まつり。
各会場が全く違ったコンセプトで構成されており、それぞれに違った楽しみ方ができます。
たとえば、

「家族で楽しむならどこがいい?」
「恋人とロマンチックに過ごしたい」
「仲間とわいわいにぎやかに楽しみたい」

など、目的にあわせて楽しむのもおすすめです。
 
 

今年も人気アニメや迫力満点の雪像を楽しめる、スケートリンクや夜には綺麗なライトアップも楽しめる、など見どころ満載です。

2017年のさっぽろ雪まつりを10倍楽しむために、日程や会場、見どころなど、出来る限りの役立つ情報をお届けします。

Sponsored Links

さっぽろ雪まつり 2017年の開催日程は?ライトアップの時間は?

是非、詳しいスケジュールなどを把握して、さっぽろ雪まつりをより楽しんでくださいね。

○大通会場

・開催期間 2月6日(月)~12日(日) 終日
・ライトアップ時間 日没~22時
 
 
○すすきの会場

・開催期間 2月6日(月)~12日(日) 終日
・ライトアップ時間 日没~23時(最終日は22時)
 
 
○つどーむ会場

・開催時間 2月1日(水)~12日(日) 9時~17時
・ライトアップ時間 17時以降は入場不可

※大通会場とすすきの会場の日程と開催時間はほぼ同じですが、つどーむ会場の日程と開催時間は異なるので注意が必要です。

さっぽろ雪まつり 各イベント会場の見どころ&楽しみ方

大通会場(さっぽろ雪まつりメイン会場)

◇日  程:2月6日(月)~12日(日)
◇開催時間:終日(ライトアップは22時まで)
◇開催場所:北海道札幌市中央区大通西1丁目
◇アクセス
【徒歩】
札幌市営地下鉄東豊線「大通り駅」北口から10分

【シャトルバス】
JR線「札幌駅」⇔大通会場

乗り場や料金、運行時間詳細はこちら

◇駐車場
周辺駐車場はこちら

◇見どころ
大通公園には、市民が参加した市民雪像のコーナーや、陸上自衛隊が制作した大雪像など、大小さまざまな雪像が並んでおり、歩きながら見ることができます。

夜にはさっぽろテレビ塔からのライトアップにプロジェクションマッピングの上映が行われ、昼も夜も楽しめちゃいます!

さらに、今年は大通会場のJ:COMひろばでのスケートリンクで、フィギュアスケートの浅田舞さんのスケート教室やウルトラマンショーがあります。

また、トップレベルのスキーヤーやスノーボーダーのジャンプを楽しめたりと盛りだくさんな内容で、ご家族連れで楽しむことができます。

大通会場は札幌の都市部にあり、交通アクセスに優れているので他の観光地へ行くにもとても便利な場所なので、さっぽろ雪まつり以外にも冬の北海道を楽しむことができますね。

Sponsored Links

すすきの会場

◇日  程
・2月6日(月)14時30分~ 彫刻コンクール
・2月6日(月)18時~ 開会式 
(南4西4 ススキノラフィラ前 メイン氷像前)

・2月7日(火)11時~ 彫刻コンクール表彰式
(メイン氷像前)

・2月12日(日)21時45分~ 閉会式
(メイン氷像前)

◇開催時間:終日(ライトアップは23時まで※最終日は22時)
◇開催場所:北海道札幌市中央区南4条西4丁目 札幌駅前通
◇アクセス:札幌市営地下鉄すすきの駅からすぐ
◇駐車場:周辺駐車場はこちら

◇見どころ
氷の彫刻がメインになるのがすすきの会場。
すすきの会場では、大中の氷彫刻や氷像をメインにした「すすきのアイスワールド」をコンセプトとし、大通会場やつどーむ会場とはまた少し違った、すすきの会場ならではの雰囲気を楽しむことができます。

昼に鑑賞する氷像も素敵ですが、夜の繁華街のネオンの中でライトアップされた氷像は、また違った雰囲気があります。

イルミネーションストリートやアイスバーで飲み物を楽しむことができるので、恋人とロマンチックな氷像を見ながらアイスバーでお酒を楽しむのはいかがでしょうか。
メイン通りを通行規制して展示されるので、車からゆっくり鑑賞・・・というのは残念ながら厳しいです。

すすきのといえば、飲食店が数多く立ち並ぶ歓楽街で、テレビや雑誌でよく取り上げられていますよね。

2月の北海道は大変寒さが厳しいです。
外を歩いて冷えた身体を、北海道の美味しい温かい料理とお酒でほぐしてあげてくださいね。

つどーむ会場

◇日程:2月1日(水)~12日(日)
◇開催時間:9:00~17:00
◇開催場所:札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム
(札幌市東区栄町885番地1)
◇アクセス
【徒歩】
札幌市営地下鉄東豊線「栄町駅」2番出口から15分

【シャトルバス】
・地下鉄東豊線「栄町駅」⇔つどーむ会場
・J  R  線「札幌駅」⇔つどーむ会場
・地下鉄南北線「麻生駅」⇔つどーむ会場

乗り場や料金、運行時間詳細はこちら

◇駐車場
周辺駐車場情報はこちら
(つどーむ会場専用駐車場はなく、近くても700mほど歩きます)

◇見どころ
子供も大人も楽しめる体験型のイベントがメインとなっています。

例えば、雪上パークゴルフや雪で作ったすべり台、スノーラフティング(川で使用するラフティングボードをスノーモービルで引っ張って滑走します。)などがあります。
お子さんがいらっしゃる方や、友人とわいわい楽しみたい、アクティブに楽しみたいカップルにおすすめです。

また、スノーオブジェコンテストが開かれます。
そして、つどーむ会場には屋内で北海道グルメを楽しむことができます。

北海道各地の美味しいものや名店の味が屋内会場で堪能できます。
私は、北海道といえば美味しいラーメンが思い浮かびます。
お店に行かずとも北海道グルメが味わえて大変魅力的ですね。

また、札幌市内近郊の人気パン屋やご当地物産品が販売されます。
そして、子供たちに大人気、しまじろうショーがあります。

大人も子供も楽しめるつどーむ会場ですが、開催時間は17時までとなっています。
昼の間はつどーむ会場で遊んで、夜に大通会場やすすきの会場に繰り出すというのが、さっぽろ雪まつり2017を堪能できるおすすめコースです。

つどーむ会場は、大通会場やすすきの会場よりも5日早い2月1日(水)の開催となっています。
つどーむ会場から先にさっぽろ雪まつりを堪能しておくのも良いですね。
つどーむ会場は、アクティブに遊ぶ会場となっていますので転んだりしても大丈夫なスキーウェアをおすすめします。

Sponsored Links

なるべく混雑を避けたい!穴場の時間帯は?

国内外から多くの観光客がさっぽろ雪まつりに訪れますので人込みは避けられませんが、できるだけ空いている時間帯に行きたいですよね。

比較的人通りが少なく雪像や氷像をゆっくり鑑賞できる時間帯は・・・?
さっぽろ雪まつりの穴場の時間帯は早朝7時~9時頃です。

お昼過ぎから徐々に人通りが増え始めて、夜のライトアップ後がピークになるので、のんびり鑑賞したい方は早朝から出発することをおすすめします。

なお、さっぽろ雪まつりで開催時間が決まっていて入場制限があるのは、つどーむ会場だけです。
(9時~17時まで。それ以外は入場不可)

大通りやすすきの会場は、ライトアップ時間は決まっているものの、開催時間に縛りはありません。
24時間入場可能となっています。

Sponsored Links

さっぽろ雪まつりを楽しむための服装は?

一年でもっとも寒いとされるのが2月です。

外出する際は厳重な防寒対策が必要です。

おすすめの服装は、ヒートテックなどの防寒下着を着て、さらに長袖のTシャツ、その上にセーター、最後に厚手のコートというように重ね着をしてくださいね。

 
 

そして、長時間外を歩くことになるので足元がとても冷えます。靴はボア付きのブーツなどで防寒対策をしてくださいね。
 
 
突然の雪や雨に対応できるよう、コートやブーツは防水加工がされたものが良いかと思います。
もちろん手袋は必須です。

帽子や耳当てなどでしっかり寒さ対策をしてくださいね。
転んだり濡れても大丈夫なよう、スキー用のジャンプスーツなどを着るのがよいです。
大人と同様、お子さんも足元からしっかり防寒対策をしてくださいね。
特につどーむ会場へ行かれる方は、ジャンプスーツが必要になります。
 
 
あったら便利な持ち物をご紹介します。
それは、靴の滑り止めです。
北海道の方は雪道を歩きなれているものですが、雪に馴染みのない地域の方はツルツルと滑る路面を歩くのが一苦労であるかと思います。
 
 
ツルツル滑る路面で転倒して骨折など大きな怪我をしてしまったら、せっかくの観光が残念な思い出になってしまいますよね。
 
 
ですから、滑り止めを購入してご自身の靴に装着することをお勧めします。
さっぽろ雪まつりでしか使用する機会がないかもしれませんが、駅の売店などで1,700円程で購入できます

まとめ

3つの会場はそれぞれコンセプトが異なり、昼も夜もとことん楽しむことができます。
防寒対策をしっかりして転倒防止の策を講じて、是非さっぽろ雪まつりを楽しんでくださいね。
 
 
最後に、極寒の北海道でしか味わえない「北海道ならでは」の楽しみ方をご紹介します。
北海道といえば、味噌ラーメンに塩ラーメン・・・。

 
 
気温が氷点下近くになる極寒の中で食べる熱々ラーメンの美味しさは格別です。
さっぽろ雪まつり会場では、外でラーメンを食べられる屋台風ラーメンも出店しています。
ラーメンじゃなくても甘酒や熱燗、ホットワインなど。

 
 
すすきの会場にあるアイスバーで飲むお酒も魅力的ですね。
冷え切った体に温かいラーメンや温かい飲み物が心と身体を溶かしていきます。
 
 
そして、もう一つご紹介します。
北海道の住宅は気密性が非常に高く、Tシャツ一枚で過ごせるぐらい部屋をストーブであたためている方もいます。

外は極寒、部屋の中は汗ばむぐらい温かい。
そんな中で飲む冷たいビールはとにかく最高!
是非、宿泊先のホテルの部屋の温度を高めに設定して、冷たいビールやアイスクリームを楽しんでみてください。


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 八戸えんぶり2017の日程と見どころ!会場や歴史楽器について!

  • 一升瓶甲州ワインの朝市限定かつぬま!朝市の場所と大泉葡萄酒株式会社の秘蔵葡萄酒!たけしのニッポンのミカタ!

  • 東京マラソン2017が開催!招待選手と豪華すぎる賞金や副賞は!?

  • 長崎ランタンフェスティバル2017!開催期間や会場と時間を紹介!

  • 秋吉台の山焼き2017!意味や日程・時間帯や見所についても調査?

  • 奈良東大寺二月堂のお水取り!2017日程と混雑を避けるには?