1. TOP
  2. 佐々木蔵之介の結婚や過去の恋愛は?性格がちょっと面倒臭い?

佐々木蔵之介の結婚や過去の恋愛は?性格がちょっと面倒臭い?

エンタメ この記事は約 5 分で読めます。 1,134 Views

西島秀俊、福山雅治を始めとして、数々のアラフォー男性俳優の結婚報道にショックを受けた人も多いはず。そういう人の中で『最後の砦』と呼ばれるのが佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)さん。
(齋藤工も『最後の砦』と言われたことがありましたが、年齢的にちょっと下です。)
 
 
なかなかいい味の俳優ですよね、佐々木さん。

穏やかな笑顔を見せたり、役によっては凄みのある顔を見せたり、ひょうきんな顔をしたり…安定感のある大人の包容力さえ感じさせてくれる男性。トーク番組でポロッと出てくる関西弁も素朴さを感じさせて、またいいですね。
 
 
性格もさっぱりしているイメージですが、実家が京都の130年続く老舗の造り酒屋『佐々木酒造』であるということは有名な話です。
 
 
その造り酒屋の次男として生まれた蔵之介さんは、お兄さんが実家を継がないので、高校生の頃から自分が実家を継ぐんだと真剣に考えていたそうです。

Sponsored Links

佐々木蔵之介さんプロフィール

本名:佐々木 秀明(ささき ひであき)

出典:http://image.eiga.k-img.com
誕生日:1968年2月4日
星座:みずがめ座
出身地:京都
性別:男
血液型:O型
身長:182cm
体重:74kg
デビューのきっかけ:1990年 劇団惑星ピスタチオ旗揚げに参加

佐々木蔵之介さんの「ちょっと面倒くさい性格」とは一体どんな性格?

関係者からは、ちょっと面倒くさい性格とも言われている佐々木蔵之介さんですが、面倒くさいってどんな性格なんでしょう?
 
 
「佐々木蔵之介は東日本大震災の後、『放射能が怖い』と言って『ハンチョウ~神南署安積班~』(TBS系)第4シーズンの外ロケを急に休んでしまったんです。
(これについては賛否両論だったようで、ガッカリしたという東北の女性もいたとか)
 
 
もともと震災のせいで撮影が一時休止になってたので、スケジュールがキツキツになったし、主役のエスケープに現場スタッフはかなり困り果てたみたいです。それに台本にもあれこれ口出ししてくるんだとか。
 
 
厳しい『佐々木チェック』のため、台本を通常より1カ月早く上げることもあったみたいです」(テレビ局社員のお話)
 
 
こと演技の話となると人一倍厳しい性格の一面が出てしまうのでしょうか?
台本に口出ししてしまう佐々木さん。
 
 
でもこれはご本人が本気で、真剣に俳優業に取り組んでいる姿勢の表れじゃないかと思うんです。
気難しい性格とも言われていますが、真面目故なのかも知れません。

Sponsored Links

佐々木蔵之介さんが永作博美さんと熱愛の噂?

年齢不詳芸能人とか、いつまでも若い女優さんとか、童顔の女優さんとくると、必ずと言って良いほど名前が出てくる永作博美さん。1970年(昭和45年)10月4日生まれで、現在44歳です。
 
 
バラエティー番組で見る永作さんの性格もサバサバしていて、頼れる姉御肌の性格のような感じがしますね。
佐々木蔵之介さんと永作博美さんが共演した番組の診断では、2人は性格と相性が抜群に合うという結果が出たそうですよ。
 
 
そんな2人には以前熱愛や結婚報道が出ましたが、実は根も葉もない単なる噂でした。

なんと言っても、永作博美さんは2009年に結婚して2人のお子さんにも恵まれています。

子どもがいるのにも関わらず、今の旦那さんと離婚して佐々木蔵之介さんと再婚するのはあり得ないでしょう。

この二人は性格的にとても合うようですが、いくら性格がピッタリ合うといっても、永作さん佐々木さんとは仲の良い友達といったところでしょうね。

Sponsored Links

佐々木蔵之介さんがさんまに結婚相談!?

佐々木蔵之介さんがバラエティー番組『さんまのまんま』に出演したとき、さんまさんにこっそりと結婚相談していたことがばれちゃいました。
 
 
「まだ結婚してないんですよ。どうしましょう?」という佐々木さん。さんまさんは結婚できそうにない理由を次から次へと並べ立てた上に、蔵之介さんの性格を判断して「結婚不適合者や!」と断言しちゃったんです。

この放送を見て「おまえが言うな!」とさんまにツッコミを入れた視聴者も多かったでしょうね(笑)

まとめ

実家が日本酒の造り酒屋というのは有名ですが、映画やテレビドラマで活躍する人気俳優となっても、お父さんからは「早く実家を継げ」と言われ続けてきたそうです。
 
 
しかし、佐々木さんは実家の酒蔵を継がないことに決めました。
芝居を続けたいと両親や兄弟に報告した佐々木さん。もちろんお父さんもお母さんも反対したそうです。跡継ぎと考えていた息子ですから、簡単に諦められなかったんでしょうね。
 
 
しかし兄と弟は「1回やってみればいいんじゃないか」とサポートしてくれたそうです。兄弟の協力と理解がなかったら、名優佐々木蔵之介はいなかったのですね。

30歳で上京した佐々木さんは31歳でドラマ『天国に一番近い男』に初出演しました。
 
 
その1年半後の2000年(平成12年)にNHKの朝ドラ『オードリー』に出演したことで一気に知名度が上がりました。全国放送ですから、朝の顔ですね。佐々木さんの役は映画スター役者で、時代劇のシーンが多く、立ち回りが格好良かったですよ。

『オードリー』マメ知識ですが、ヒロインの恋人役として長嶋一茂が出演していました。

佐々木酒造は、ドラマにちなんだ『オードリー』という銘柄の日本酒を販売しました。嬉しいことにこの酒がなんと始まって以来のヒット商品となったのです。
 
 
お父さんはこのヒットに気を良くして、今では佐々木さんの俳優業を認めるようになってくれたそうですよ。後顧の憂い無く俳優業に集中できるようになった佐々木蔵之介のこれからに期待します。


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ゲームシェイカーズ(NHK海外人気ドラマ)で花澤香菜が大奮闘!Rの法則

  • ビビアン・ソン(宋芸樺)がかわいい!年齢や性格wikiを調査!

  • 鈴木くるみ(AKB48姉妹)は小学生ってホント?出身はどこ!

  • 河合美智子の脳出血の原因とリハビリ法は?来歴や婚約者の峯村純一について!徹子の部屋

  • タクシー(三和交通)心霊ツアーのトンネル場所はどこ?コースの詳細は?

  • 伊藤ふみおはKEMURIのメンバー!タトゥーや嫁も気になる!ボクらの時代フジテレビ