世界の果てまでイッテQ!(11月18日)イモトアヤコのワールドツアー!inガーナ

ガーナココナッツ

Sponsored Link

イモトアヤコが毎回さまざまな国を訪問し、その国の文化や芸術作品、話題のものや代表的な文化遺産、そして現地の人などと触れ合って
今のその国を紹介していくコーナー。

 
 

世界の果てまでイッテQ!(11月18日)の内容

番組冒頭にお祭りについての謝罪コメント。お祭りの企画が一時中止になるとの報告。

イモトが少女ファイター(6才の女の子)とストリートボクシングで戦うもののイモトぼこぼこにされる。

6才の女の子には手が出せないイモト。

 
 

ガーナと日本の意外な繋がり。
ガーナのおくら料理。

今回はチョコレートのイメージが強いガーナという国に初上陸し、街並みや人と触れ合いながら、今の流行りのものを紹介していく。
 
 
また、今回は現地でワールドツアーのイッテQスタッフたちとの距離感を縮めるためにいろいろなシチュエーションがあるシーンが魅力。
 
 

Sponsored Link

世界の果てまでイッテQ!(11月18日)を見て感じたこと

番組冒頭に話題になっているお祭りの企画の謝罪コメントがあり、誤りがあったと謝罪をしたことは、とても良かったと思いました。
 
 

イモトさんの、本当に何事にもチャレンジしていく姿に、毎回勇気をもらいます。
 
 
今回はボクシングの試合をしていたのですが、小さな子供や自分のスタッフとの戦いで、
自分の立場を考えて勝負しているところも、テレビに出ているタレントには欠かせない部分を持っているなあと感じさせられました。
 
 
またガーナの国の紹介では、日本では美味しいオクラのおひたしがガーナの人の口には合わないことや、
奇抜なヘアスタイルが流行っていることなど、同じ地球の中でも全然違った内容で時間が流れていることを感じ、
海外旅行にすごく興味を持つような内容になっていました。
 
 

イモトさんは安定の面白さでした。

安室奈美恵さんネタもあり、ADとのからみもあり、ガーナと日本の繋がりなど、勉強になることもあり。
 
 

久しぶりのオーシャンズ金子も久しぶりで面白かったです。

海が好きな人は、お笑いとはまた違った視点で楽しくみれるのではないでしょうか。
 
 

また、カメラマン同士のくだりも、もう少しあってもいいかなぁと思うぐらい、面白かったです。クジラなど生き物が好きな子どもも見て、楽しいと思います。

 
 

軽い熱中症になっていたイモトさんですが、後日きちんと撮影をして
ガーナの風景と合成して放送したのも面白かったです。
 
 

Sponsored Link

まとめ

今回はニュースでも話題になっていた件の謝罪から始まったので番組内の空気が気になるところでしたが
イモトさんのワールドツアーのコーナーでかなり盛り上がったのではないのかなあと思います。
 
 
私はお祭りのコーナーが好きでよく見ていたので、またやってほしいです。

イッテQ!は、勉強になることもあり、生き物についても詳しいやったり、とてもいいと思います。
 
 
お笑い番組をあんまり見ない私でも、この番組はよく見ます。
 
 
あと、毎回編集がすごくうまいなあと感じます。

Sponsored Link