1. TOP
  2. 高橋真理子が歌い続ける理由は母の不倫と父の死?名曲ランキング!

高橋真理子が歌い続ける理由は母の不倫と父の死?名曲ランキング!

エンタメ この記事は約 5 分で読めます。 670 Views

紅白歌合戦で「ごめんね」を歌った
高橋真梨子さんの激ヤセ度合いが話題になりました。
 
 
高橋真梨子さんは67歳で身長は155センチと小柄
とはいえ体重が32キロというのはさすがに痩せすぎなのではないでしょうか?
 
 
そんな高橋真梨子さんの歌手生活の糧となった出来事が母親の不倫と父親の死だったそうです。
 
 

Sponsored Links

高橋真理子さんの父と母について

高橋真理子さんの父親はジャズの奏者でした。

広島で被曝しその後遺症から両足を壊疽で失ってしまいました。
その痛みを和らげるためモルヒネの投与を毎日受け続けます。
 
 

高橋真理子さんの母は生活と薬代にために日夜通して働き続けます。
そんな生活に消耗する母親は父親との喧嘩が絶えなかったといいます。
 
 
やがて高橋真理子さん3歳のときに、母親は両足を失った父親とは別れてしまいます。

母親は博多でバーをやりながら真理子さんを育てます。

 
 
一方病院にいる父親は真理子さんに小学校から中学まで音楽を教えました。
真理子さんジャズをやるなら、“痛い!”といいながらでも楽器を教えます。
 
 
しかし、当時まだ女盛りだった母親は寂しさもあってか別の男性に寄り添ってしまいました。
まだ子供だった真理子さんには到底理解できないことで、そんな母を相当恨んだことでしょう。
 
 
高橋真理子さんは母の行き方を許せず喧嘩ばかりしていたそうです。
 
 
やがて、ペドロ&カプリシャスのボーカルを経て歌手として一本立ちしますが、真理子さんの家庭環境が歌手生活の糧になって行くのですが、それに気付くまでに何年もの歳月が必要だったそうです。
 
 

加えてご主人の厚い支援もあり、歌手とし成功していくのにはいい条件が揃っていたのではないでしょうか。
数々の名曲を自ら作曲し、世に出し続けていきました。

そんな高橋真理子さんのコンサートでは、熱狂的なファンがいつでも数万人集まります。

 
 

歌手として歌える歌が数百曲を超えるほどの成功を収め、
今は母と和解しながらも、父親に支援できなかったことが心残りだと言います。

Sponsored Links

人気曲ランキング

第1位 桃色吐息

高橋真梨子 10番目のシングル曲。1984年5月21日発売。
三貴「カメリアダイヤモンド」のCMソング。
 
 

第2位 for you

高橋真梨子 8番目のシングル曲。1982年3月5日発売。
 
 

第3位 はがゆい唇 

高橋真梨子 18番目のシングル曲。1992年5月16日発売。
ドラマ「眠れない夜をかぞえて」の主題歌。
 
 

第4位 五番街のマリーへ
 
ペドロ&カプリシャス 5番目のシングル曲。1973年10月25日発売。
 
 

Sponsored Links

第5位 ごめんね

高橋真梨子 26番目のシングル曲。1996年6月21日発売。
日本テレビ「火曜サスペンス劇場」のテーマソング。
 
 

第6位 ジョニーへの伝言

 
 

第7位 グランパ

 
 

第8位 ワインレッドの心

 
 

第9位 あなたの空を翔びたい

 
 

第10位 OLD TIME JAZZ

Sponsored Links

まとめ

髙橋 真梨子(たかはし まりこ)
生年月日:1949年3月6日 –
出身:広島県廿日市町(現・廿日市市)
本名:広瀬まり子
血液型:A型
星座:うお座
大学:駒沢学園女子高等学校卒業
所属:ビクターエンタテインメント
夫はヘンリー広瀬

父・森岡月夫は広島鉄道局
母・髙橋千鶴子は広島市内銀行
勤務中に広島原爆にて被爆してしまいます。

 
 
父は後に、ジャズクラリネット奏者となって広島市内のクラブでジャズプレイヤーとして働くが、入市被爆が原因で長らく後遺症に苦しむ。

朝鮮戦争時、米軍基地が多くジャズが盛んでな福岡に移り、まもなく当時1歳だった真梨子も母に連れられて博多に転居。

 5歳の時に両親は別居、小学校3年10歳の時に父母の離婚。母親の「髙橋」姓となる。父は広島に戻り、被爆の後遺症に苦しんだのち39歳の若さで死亡。真梨子17歳。

 その母をコンサートに招待すると、真梨子の歌の中で一番好きな“フレンズ”では、涙を流して聞いていたという。母にガンが見つかってから、特に親切を始めたが、もっと早く母に孝行して置けばよかった・・・と、述悔していた。

自分の母親との確執について、正直に語って、その“リアル真梨子”を視聴者に曝してみせた。
若い頃の真梨子は、父と別れた母の姿が許せなかったし、新しい父になった男が妻子持ちで、女と見れば関係を持とうとして・・・母を憎み、新い父を嫌った。

彼女の孤独さを歌で慰め、辛うじて自分を保っていた、という。

 
 


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 高橋真梨子が週刊文春に激怒!紅白視聴者の感想調べてみた!

  • 武田久美子が天国の彼 にラブレター?山崎圭一 との馴れ初めは?

  • モニタリング新庄剛志は阪神時代にピッチャーも!?生涯成績と意外な引退理由とは?ニンゲン観察!モニタリング

  • 自転車旅でザック・レイノルズが訪れる美瑛と稚内(北海道)が素敵すぎる!Doki Doki! ワールドTV

  • 畠山愛理(新体操)のとんでもない画像って?彼氏はプレイボーイって本当?人生が変わる1分間の深イイ話

  • 星野ルネはウザい放送作家?姫路育出身の父はカメルーン人!