1. TOP
  2. 高橋真梨子が週刊文春に激怒!紅白視聴者の感想調べてみた!

高橋真梨子が週刊文春に激怒!紅白視聴者の感想調べてみた!

エンタメ この記事は約 9 分で読めます。 1,755 Views

昨年末に放送された、『第67回NHK紅白歌合戦』で
司会を務めた、嵐・相葉雅紀さんと女優の有村架純さんですが

視聴者から辛口コメントが多くなされました。

朝ドラの主役をされたこともあり注目度は高く視聴率にはつながると思われるものの
司会は不慣れだったことは否めません。

その渦中で、紅組司会者だった有村さんが高橋真理子さんのメッセージを代読したシーンで、その読み方について高橋真理子さんが激怒したと週刊文春が報じました。

え、あの紅白終盤の雰囲気に吞まれてるタイミングで怒りの感情が沸き立つの??
って不思議に思ってたところ・・・
 
 
速攻、高橋真梨子さん所属事務所が「事実無根」として名誉毀損(きそん)で訴えると反撃!
 
 
当然です!!

報道内容自体は至って取るに足らないどうでもよい内容で、そんなことに大スター高橋真理子さんが激怒したとなっては心証が悪すぎです。

立派な名誉棄損でしょう!

今回、問題になった内容と視聴者はどう感じていたのかが気になったのでこの件についてまとめてみます。
 
 
*:高橋真梨子さん側が急遽、法的処置の取りやめを発表しました。
これを受けいろんな憶測がネットに上がってきましたが
それらの意見を記事末尾に追加かしました

Sponsored Links

週刊文春が報じた内容とは!?

週刊文春による内容は、

有村架純さんが紅組のトリを務めた高橋真理子のメッセージを曲が始まる前に代読するのですが、この読み方が稚拙であった。

そのメッセージは高橋真理子さんが芸能生活50周年を迎えることについて綴った特別なものであったため何の抑揚もなく単なる棒読みだったことに高橋さんが納得がいかず、怒ってしまったと伝えています。

素直にこれだけを読んで納得してしまうと明らかに高橋真理子さんのイメージはがた落ちです。

ただ、これ普通に良識ある人が見れば

本当かこの内容!!

って思いますよね。
 
 

さらに同紙の取材では

 「演技力には定評がある有村だが、本番前の2日間のリハーサルの時点で疲れ果ててしまい、本番はなんとかこなすことしか考えていなかった。そのため、全体的に表情が硬く、細かいところまで気遣いができず。高橋が怒るのも仕方ないような状況だった」(NHK関係者)

と加えています。

一方、渦中の有村さんは、紅白翌日の今月1日にブログを更新。

「本番は、口から心臓が飛び出そうなところからスタートし、グタグタな進行と、聞き取りづらい滑舌と、声とで、不快な思いをされた方もいたと思います。本当にすみません」

と謝罪。

そして、
高橋真理子さんの所属事務所では

「怒るなんてことはなく感謝しているだけです。人間性を疑われかねないことで見過ごせない。有村さんにも失礼」

一連の報道を「事実無根」として名誉毀損(きそん)で訴えることになった。

というのがこれまでの流れです。

Sponsored Links

紅白視聴者はどう感じてる?

実際に当時の紅白視聴者の意見では、

生で見ていたけどそこまで激怒するような読み方ではなかったと思う。
といったものが大半です。
 
 

文春砲はたしかにスクープを連発し期待しているところもあるのですが、調子に乗り過ぎ感も否めないです!
 
 
視聴してた方は分かってる思いますが、事実よりオーバーに報道するのやめてほしいものですね。
 
 
加えて、高橋真理子さん側からの名誉棄損に対し

記事には自信を持っています

ってw
その自信はどこからきてるんでしょうか?
 
 
有村さん本人が怒られたんですって言っったんでしょうか?

すごい記事に自信あるみたいですが、有村さんが「(緊張で読むのが)怖かった」って言ったのを「怖かった」だけを上手に切り取ってるんですかね?
 
 
高橋真梨子さんがそんな小さな事で激怒する?
といったものが世間の感想です。

 
 
最近放送された、金スマで高橋真梨子さんの特集を見た人にはなおさらだけど、高橋さんはそんなことでいちいち噛みつかない人だってことは確証しています。
そんな器の狭い人だなんて誰も思ってないんですよ!
 
 
まぁ、何はともあれ激怒したことを本人が否定したらそれは激怒していないことになるのではないでしょうか?

自分の感情を証明できるのはご本人しかいないのだから、怒ったという証明ができない限り本人が否定したら事実無根でしょう!

どんなメディアでも間違いを犯すもの。
誤報や虚報なら訴えるのが正論。

Sponsored Links

週刊誌のビジネスモデルに赤ランプ

日本ABC協会が昨年まとめた
2016年1月~6月の平均雑誌販売部数調査の結果があります。
 
 
週刊文春はスクープを連発し、たしかに読者に驚きの事実を記事として提供してきています。

私もそうですが『文春砲』は実は期待しています。
 
 
ところが、これだけのスクープを連発している週刊文春であるにもかかわらず、販売部数は前年同期比で微増の43万部余だったというものが調査の結果でした。

さらに週刊新潮にいたっては同じ期間で4万3,000部の減少でした。

また10万部を割り込む週刊誌も続出していて、「週刊誌」ビジネスモデルが危機的状況に落ちいているんです。
 
 

昨年10月1日に封切られた映画で、大根仁監督と福山雅治が主演した「SCOOP!」(スクープ)というのが話題になりました。

一昔前ならスクープがあればそれは販売部数増に繋がり、増刷となるわけですがこれだけ連打しまくってる週刊文春でさえ、2万部弱の増加です。
 
 

「以前だったら考えられないことですが、まったく深刻ですよ。全然、販売に結びつかないのです」
(文春編集者)

この現象は雑誌全体にいえる事で、スクープはあっという間にインターネット上で概要が拡散します。
ネットニュースなどキュレーションサイトで無料で概要が得られてしまいます。

やや遅れながら情報番組を提供するテレビの内容が十分満足しますよね。

従って、週刊誌を買って読もうとはならないのが昨今の現状だと思います。

Sponsored Links

このような窮状でも、日本ABC協会の調査結果によると、週刊現代と週刊ポストはスクープ路線を捨てたにも関わらず、それぞれ2万部増と伸びていました。
 
 
ネットで満たされる情報は避け、中高年サラリーマンにターゲットを変えた医療記事などの「読み物」にしたことが奏功したようですね。
 
 
過激なスクープネタは刺激的ですが、一方訴訟リスクもあります。

では、それに見合う分の利益が出てるかといえば、意外とそうなっていないんですねw
 
 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 
 

追伸

その後の経緯として、高橋真梨子さん側が文春への法的措置取りやめました。
ソース:日刊スポーツ
 
 
「今回のような行為は、高橋真梨子本人含め、スタッフ全員が遺憾の思いでございますが、編集サイドとの話し合いの結果こちらの事実関係はご理解いただいたとして、弊社としまして今後この件に関して法的措置は取りやめました」

とのコメントですが、これを受けネットが騒がしくなってきます。
 
 
ネットからの意見を拾ってみると

おでん | 2017/01/13 09:05
事実でないのであれば文春は訂正記事を出すべき。
出さなければ事実ということ。
 
 
yuk***** | 2017/01/13 09:16
裁判するって息巻いていたのに話し合いだけで解決っておかしいでしょ。普通は最低でも訂正記事を書いてもらうでしょ。
 
 
xyw***** | 2017/01/13 09:00
何があったんだ?
 
 
kiy***** | 2017/01/13 09:11
有村架純に本当か聞けば良いじゃん(笑)
 
 
tak***** | 2017/01/13 10:05
ってかさ、23歳位で仕事でなら怒られる事くらいあるだろ。ニュースにするのがくだらない。そんな事言えばもっともっと沢山の方々が記事になるわな。
 
 
mog… | 2017/01/13 09:49
高橋真梨子のドキュメントみたことあるけど仕事には厳しい人だから一言くらいは言ってそう

 
 

名門武家 | 2017/01/13 09:28
事実無根ではなく、なにかしらはあったという裏返しだよね。法的措置はメディア向けのアピールであったとしか見られない。
 
 
psp***** | 2017/01/13 09:06
まぁ少なからず何かあったのでしょう。
 
 
kit***** | 2017/01/13 09:07
裁判では勝てないと判断したんだね。
文春の報道は事実ということか。 
 
 
you***** | 2017/01/13 09:35
このまま何もしないのであれば文春勝利になります

 
 
はじまりは世間的にはさほど気になるような内容ではないように思われましたが、ここにきての方針変更で、全く別の興味が沸いてきます。

激怒したとかしないの話から高橋真理子さん事務所と週刊文春との掛け合いに何があってこうなったのか?

いずれにしてもこのまま収束してしまうのではスッキリしないものですね。

取るに足らない話だったと思っていたものが結局、真実を知りたくなってしまいました。


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 広瀬すずが日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞受賞の要因とは!

  • MIKIKO先生(振付師)の振り付けアーティストが豪華すぎ!経歴や本名は?情熱大陸

  • 小松詩織 (頭脳王)のwikiや彼氏は?高校や勉強法を調べてみた!

  • 財前直見が劣化した原因は!?現在は大分の実家で子育て!

  • 堀井七絵アナが可愛い熱愛の噂は!?出身大学や年齢もしらべた!

  • 今夜はナゾトレ松丸亮吾の出身高校は?メンタリストDaiGoの弟?