1. TOP
  2. 高野孝子(冒険家)の経歴と今現在は?北極海横断理由と家族や年収は?

高野孝子(冒険家)の経歴と今現在は?北極海横断理由と家族や年収は?

ニュース この記事は約 8 分で読めます。 1,669 Views

犬ゾリで北極海を世界で初めて無動力での極点横断に成功した凄い冒険家さんがいます!

遡る事およそ22年前の1995年、犬ゾリで北極海を横断するという、死と隣り合わせの挑戦を世界で初めてやってのけた女性!

 
 

その女性の名前は、高野孝子(たかのたかこ)さんといい、2月8日放送の日本テレビ系「笑ってコラえて!」でも、ご紹介されるようです。
 
 

今回はそんな女性冒険家の高野孝子(たかのたかこ)について、

なぜ犬ぞりで北極海を横断しようと思ったのか、またその経歴や現在、家族などのプライベートな部分についても調べてみたいと思います♪

Sponsored Links

高野孝子さんのプロフィールと経歴

名前:高野孝子(たかのたかこ)

生年月日:1963年3月30日

年齢:53歳

出身地:新潟県

出身大学:早稲田大学、ケンブリッジ大学、エジンバラ大学

1990年 – エルブルス山脈にて高所トレーニング。
1991年 – 厳冬期のソ連極東地方冒険行でベーリング海峡を横断。
     北極点へパラシュートジャンプ(ソ連空軍の救助演習に参加)
1992年 – エコクラブ(環境教育NGO)を設立してヤップ島プログラムを開始。
     サンディエゴ~サンフランシスコ間で帆船航海(日本初の民間セイルトレーニングシップ「海星」)
     南極大陸東部へ(ロシア砕氷船)
1993年 – サバイバルレース「レイド・ゴロワーズ」参加(マダガスカル島)
1994年 – ワールドスクールネットワークを設立。
     カナダ北極圏にて犬ぞりとカヌースレッドの旅(5ヶ国6名のチーム)
1995年 – 4ヶ国5名のチームでロシア側から入る北極海無動力横断を成功(世界初)

高野孝子 – Wikipedia より引用

大学卒業後はジャパンタイムズの報道部記者を経てフリーランスとなり教育団体を立ち上げたり、自身でも様々な冒険をされています。

 
 

高野孝子さんの冒険経歴は

オーストラリア・グレートバリアリーフでのサンゴ礁調査(23歳)
アマゾン川1500kmをカヌーで下る(26歳)
北極点パラシュート降下(28歳)
マダガスカル島でのサバイバルレース(30歳)
北極海を犬ゾリとカヌースレッドで横断(32歳)

などなど、書ききれないほどの冒険をされています!
 
 
マダガスカルでのサバイバルレースは事前にどのような地域で何をするのかを知らされない過酷なレースとなったそうです。

マダガスカル島は場所によって気温が60度にも上がり、砂漠や熱帯雨林、山、川、海が存在する中のレースで、島の上空にレスキューのヘリが飛び回るほどだったそうです。

 
 
このようなサバイバルレースもすごいですが、やはり特筆すべきは、北極海無動力横断ではないでしょうか!
 
 
一体どんな旅だったのか簡単に整理すると・・・


北極海の横断は旅前には遺体をどうしてほしいかという同意書を書いて出発するほど危険な旅。
マイナス50度という気温でのスタートだったそうです。
相手は自然で、それだけ寒いなら全部氷だろうと思ったのですがそんなことはなくどこに氷があって、
どこが海になっているのかわからないそうです。

クレバスという氷河の割れ目にそりが落ちれば食料など全てを失い終わりという、、、。

このように高野さんは零下50 度からプラス60 度、様々な地域で冒険をしてい経歴をお持ちです。
本当によく、こんな死と隣り合わせな旅を続けられますよね!

Sponsored Links

高野孝子さんが北極海を横断した理由は?

高野孝子さんの中で一番大事なのは体験をシェアことなのだそうです。
 
 

高野孝子さん自身の中に経験を蓄積するというのも当然あるのですが、それをどう生かすかというのが大事!

それは高野孝子さん自身の人生にとかじゃなくて、

もらったものだから、お世話になった人に返す、お返ししなかったらある意味「強奪」

といったものが高野孝子さんの信念なのです。
 
 

勝手に押しかけていって、寝かしてもらって、ご飯食べさせてもらって、すごい経験させてもらって。
自分のためだけじゃないんです。
そこで考えたこと、感じたことを伝えなきゃという気持ちが常にありました。

応援してくれた人とか、親とかに報告する義務もあるし、滅多に人が行かないところに行ったのだから、
そういうところに行かない人に伝えなきゃと思っておられるのですね!
 
 

それを高野孝子さんから教えてあげるという意味ではなくて、シェアして一緒に学び合うというスタンスの表れが過酷な冒険へと借り出すモチベーションになっているとのこと。
 
 
高野孝子さんは一度も、冒険家だけだったことはなく、常に冒険とシェアが一体!
 
 

やっぱり人って自分がやったことでないと伝えられないし、自分が出来ることでないと教えられないじゃないですか。

と高野孝子さんは仰います。

自分が高まっていないと出すものがない。ずっとそう思っていらっしゃるんですね。

Sponsored Links

高野孝子さんは今現在も冒険家?

そんな高野さんの今現在の活動ですが、今では冒険はされていないみたいです。

現在はNPO法人ECOPLUSの代表や早稲田大学留学センターの教授などを務めています。

 
 
ECOPLUSは、

自然、異文化、地域社会をテーマとした体験や学びを重視しています。
「自然環境で自己を試し、生命のつながりを感じること」
「異文化や地域社会で新たなもの異なるものを理解し、尊重する姿勢を培うこと」
を目的としています。

出典http://www.ecoplus.jp/

高野孝子さんは冒険から得た体験をシェアすることが目的なので、エコプラスは高野さんの理想とする団体ですね。

経験は財産なんてよく言われますが高野孝子さんの場合、その財産を与えている活動をされているわけですから本当に素晴らしい方だなと思います。

高野孝子さんのご家族は?

世界の各地で活動されてきた高野孝子さんのパーソナルな部分ですが、調べてみると結婚されています。
 
 

馴れ初めや子供についての情報はありませんでしたが、エコプラスの理事を務める大前純一さんが配偶者のようです。
 
 

京都大学を卒業し、朝日新聞で約25年間勤務し、朝日新聞のサイト版「asahi.com」の設立に携わっています。
しかも、1985年から翌年までMIT(マサチューセッツ工科大学)で客員研究員をされていて、最先端の情報発信について考察されていました。
 
 

今現在は株式会社グローバルメディア研究所の代表であり、奥様となる高野孝子さん代表のNPO法人「ECOPLUS(エコプラス)」の事務局長を務められています。
 
 

高野孝子さんの旦那さんも日本だけではなく、ご活躍されている方だったんですね。

高野孝子さんって年収どれくらい?

高野孝子さんは現在はエコプラスの代表と早稲田の教授の収入、また名古屋大学の研究員をされています。
 
 
HPO法人のエコプラスについてはそのような収入体系になっているかは不明ですが、

早稲田大学教授の平均収入はおよそ年収は1200~1300万円。
また大学研究員の平均年収はおよそ300万から500万あたりだそうです。
 
 
なので高野孝子さんは大学関連だけを見ても、およその年収は1500万円くらいではないでしょうか!

それにエコプラスの代表であったり他の活動もされてるため、推定年収は2000万ほどと見積もりました^^

Sponsored Links

まとめ

今の学生をは
「自分に正直に生きる」
「思い通りにやってみる」
ということが大事だと思っている人が結構多いそうです。

それは決して、他の人たちを犠牲にして自分勝手に生きるっていう意味ではないハズですが、それをはき違えている人も少なくありません。
 
 

学生からはよく「社会貢献は必要なのか」という問いが出るそうです。

高野孝子さんが夢見ている世界は、
すべての人が、生き物としての自分を自覚して、相手のことを考えながら生きる世界!
 
 
この話を伺って共感するものは、みんなが幸せに生きられる国って強い国じゃなくても出来るということ。

それは「平和」みたいな言い方ではなく、平和はその結果としてあるべきものですね。

米国大統領の一挙手一投足に大揺れしている世界情勢!!

これを見ていて、強い国じゃなくていいから優しい国になって欲しいと強く思いますね。


\ SNSでシェアしよう! /

スタートダッシュの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタートダッシュの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ペンス副大統領来日の目的は北朝鮮の牽制?親日家で京都も訪問!

  • 新元号はいつから始まるの?決め方や新元号予想も紹介!

  • 金正男氏が 女スパイに暗殺!?金正恩の指示かマレーシアで毒殺?

  • イタリアで織機にシバタ製針のメリヤス針が!海外で想定外の問題とは?和風総本家

  • 春日井物流サービスの炎上騒動!ネット社会と車社会ダブルで怖い。

  • 稲垣来泉がWOWOW徹夜撮影で号泣!三島有紀子が労基法違反? 東京すみっこごはん